社長が集客をしなくてもいいプロジェクトマーケティング

テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれる

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

突然ですが、サマンサハートはプロジェクトマーケティングを行っています。
イベントを行いそこに顧客を集客していく企業の活動を結果の出せるようにサポートする業務、
集客のためのリストを獲得したり仕組み化することがポイントになります。

そして、マーケティング活動は実際にはオンラインとオフラインの融合で行う戦術で進めます。
成果につながる企画立案を考えたら企画全体のスケジュールを立て、封書によるDMを発送したり、
自社サイトにサービスの紹介をしたり、SNSを使って拡散したりする活動を行うのです。

ここでポイントなのは企画を作り、プロジェクトを立ち上げることと、
その活動を社員に任せられる仕組みにするというのが大切となります。
なので、仕組みを作りますから、詳細の活動内容は個々の社員に任せるため
今までの代表のやり方とは違う活動内容となります。
ですが、テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれます。

テーマや方向性、知識に関してもプロジェクトの仕組みを作ることで引き継がれる

ただし、手とリ足取りプロジェクトの内容や考えかたを社員に教えていると、
仕組み化ができ上りません。
その場合、社員も代表も時間がない状態が続きます。

その時は、マーケティングに沿って、思い切ってやり方を変えて仕組み化するのがベストです。
ビジネスを再構築するイメージです。
考えはそのままに社員が動くプロジェクトを進めていくスタイルを作るのです。
すると集客を間際になって、社長が行うことが少なくなってきます。
社員とともに集客を全員で行う自社オリジナルのプロセスも生まれてきます。

 

***【参加申込受付中!!】********************************

女性ターゲットのビジネスに携わる企業
消費者の心を掴みたい経営者様 へ

いま『商品プラスα』が求められています。
女性達はモノにだけお金を払っているわけではないのです。
女性向けマーケティングで大切なポイントをおさえ、販売戦略に活用できるセミナーです。

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【女性のこころを掴む 商品と販売戦略セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

  2. ツールの統括管理者の方はまずは費用対効果の分析から

    ツールに関する費用対効果

  3. 会社がこだわりを持っているとそのこだわりに反応するお客様が現れる

    戦略立案の時に消費動向以外のデータを持っているといいこと

  4. 技術力以外で顧客の心を動かせるもの

  5. 企画の維持管理について

  6. 事業のイノベーション

月別アーカイブ