事業の範囲決定(=事業領域)と戦略立案について

事業領域が明確にあることでビジネスモデルが生み出される

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業では「事業領域」という言葉をよく使います。
ドメインともいうことがあります。
ドメインと言えば、Webのアドレス等をさしますが、もとは事業領域のこと。

戦略を立てる際に重要とされるポイントです。
特に代表が今回の事業の範囲決定を行っていた場合には、社員の無駄ない行動が見込めてきます。
実際には社員も忙しい会社が多く、ゆっくりと事業の基礎固めをしている時間がない、といったところでしょうか。
また、最近は社員が事業を理解して進めていくことにチーム力を見出す場合も多く、
できるだけスピードアップして全体を把握してほしいと、考えている企業も少なくありません。

事業領域が明確にあることでビジネスモデルが生み出される

この事業領域ですが、どこで戦うのかを明確にするということ。
起業時のビジネスモデル設計では、何度もブラッシュアップを要求される部分です。
これは起業時ばかりではなく、企業がいち事業の構築やリノベーションを行うときにも必要です。

事業領域の明確化に関しては
・どのような顧客層の
・どのようなニーズに向けて
・どのようなコアコンピタンス(技術など)に基づく商品やサービスを展開するか
という3つの質問を企業に投げかけるところから始めます。

この質問のそれぞれの内容を明確に書き出していきます。
また、ブラッシュアップすることによって事業領域がはっきりとしてきます。
できれば1度書き出した後、社員の皆さんとミーティングできるとベストです。

この書き出しにより、自社の強みを活かせる事業領域を定義することとなります。
実は事業領域の明確化は、リサーチ活動です。
また、明確になったものからアイデアが出てくると、新規事業や事業の拡大にも活用できます。
ビジネスモデルが新たに立ち上がるということです。

事業領域が明確にあることでビジネスモデルが生み出されるなら、事業領域をもとに先を見通すことができます。
発展型のサービスがこの事業の先にあると見越した上での、諸段階の事業の構築と戦略の決定ができるからです。

また、商品や製品、技術のよさが時代に合致していないと感じていた事業スタイルだった時も、
事業領域の明確化を行うところからスタートすることで、疑問を投げかけ挑戦→改革へと進むことができます。
さらに全く新しいビジネスモデルを開発し、設計→実践することもできますしね!

 

関連記事

  1. 購買意欲や販売意欲を引き出す取り組みをプル戦略

    企業のマーケティング戦略の新しい流れ

  2. 来店促進はWEBを使いカジュアルで、ナチュラルなイメージを打ち出します

    イベントへ集客できるのはある顧客心理をつかんでいる、という理由

  3. 顧客の心理を組み込んだページを作るにもアンケートデータが使える

    顧客分析とその対策はマーケティングを通して行える

  4. マーケティングを知って抜け出すか知らないまま作戦だけを行うか

    事件だと思った、、、下請け会社の事情

  5. 今まで顧客ではなかった新規顧客獲得に目を向けた企画がコラボでは有効

    見込み客を作りだす今ドキの集客企画のフック

  6. 製品ではなく企業自体のコンセプトを打ち出すことも可能

    スピードの時代、すぐにマーケテイング活動をスタートしたい企業様へ

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ