展示会出展準備で、突然起きる問題

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日はクライアント企業様のミーティングでした。
そして、展示会サポートをしていると起こる、とある問題について思い出しました。
企業の展示会サポートを行っていると、準備段階で企業にある問題がよく起きます。
これって大きな問題です!
この問題は、展示会サポートをしている時には、私も企業様と一緒に解決をしていく企業がほとんどですが、起こっているのに表に出てこない、起こったことを内緒にしている企業もあります。
実は展示会出展で、この問題を解決しないと、集客も認知もクロージングもできないのです。

その起こる問題とは、「商品企画のブラッシュアップ問題」です。

あなたの会社も、展示会に出展するとき、商品・製品のブラッシュアップをしたことはありませんか?
「せっかく展示会に出すのだから」と製品の内容や価格の変更などを行うのです。
これは商品戦略の分類です。
これを行ってしまうと、大きな問題に発展する場合があります。

なぜか。


展示会に出展するから・・・と新しい戦略を立て展示会のために商品企画のブラッシュアップをしている企業は、集客も認知もクロージングも成功していないのです。
理由は、集客や認知、クロージングのための準備を行う時間が無くなるから。
現在展示会出展で成功している企業は、展示会を「集客や認知、クロージングまでも成功させる営業の場面」として捉えています。

展示会に出展することは目的ではないのです。
ましてや展示会に出展するからと商品戦略を変更する必要は無いのです。
展示会出展では「成果」を達成させることを目的としています。
ある意味、展示会は長期的計画なのです。

だとしたら、展示会を含む長期的な計画を立てないために戦術がうまく稼働しないことがあって当然です。
展示場準備から当日の活動、フォローまですべてにおいて、成功へと導かれる計画を作っているのが成功している企業です。

製品の性能を振り返り、ブラッシュアップして行くことだけでは、展示会で勝てないのです。

サマンサハートはこの
・戦略づくりになれていない、
・ついつい製品のブラッシュアップを行ってしまう、
このような状況の企業様の戦略について軌道修正も含め、展示会サポートを行っています。

 


 

サマンサハートでは、展示会出展企業様の新規集客マーケティング戦略構築の作成代行を行っています。
展示会で成果を出したい時、集客の設計を行うことでプロジェクト昨日は有効に活用されます。
体系化し成果へ結びつけるオンライン展示会出展プロジェクトをサポートしております。
是非お気軽にご相談くださいマセ。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. BtoB企業が顧客増の戦略をたてるときのポイント

  2. ご来場を頂くときにもイベント開催中もお帰りいただく際も安全への徹底した配慮が必須

    イベントの成功基準を考える

  3. マーケティングを使うことで新しい視点&活用から市場が広がる

    マーケティングが心に響くかの3つのポイント

  4. 名刺にはいくつかの使い方がある

    BtoB企業代表の名刺の新たな活用視点

  5. 自分たちで企画しないと 顧客の成長がない

    売れ続ける仕組み作りにシフトした代表の言葉を掲載。

  6. 企業様に向けての情報発信や提案する自社のスタイルは変更せずに自社のサービスについて注力

    自社のサービスに手を加えたその時の市場環境

参加受付中のセミナー

資料DownLoadまとめページ

マーケティング実践&活用お役だち資料まとめ【DownLoad】

月別アーカイブ