「売れる商品に育てる」という戦略を作るために

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

来週は三条で初の勉強会がスタートします。
今回のセミナーテーマは、『製品を売れる商品に育てる戦略・戦術の設計について』です。
<セミナーについて詳しくはこちら>
そして今日のブログは、セミナーテーマに関連して、
戦略・戦術の設計に関する企業様の事例をご紹介させて頂きます。

大型製品を製造販売している新潟市内の企業様が、現在「事業企画」を作成しています。
サマンサハートのはその「事業企画」のマーケティングプログラムでサポートさせて頂いております。
ちょうど昨日、企業の理念について軸をまとめました。

理念というと、企業代表の想いや「ここに進むんだ」という大きな方向性のことを指します。
企業代表と事業企画を作る時、いつも感じることは「企業代表の頭の中には必ず理念がある!」ってことです。
それは具体的な場合もあったり、明文化されていない場合もあります。
事業企画サポート時には、その想いを書き出し、まとめ、ロードマップという図式を使い、
企業理念を”見える化”していきます。

私は経営コンサルではなく、マーケティングプロデュースなので、
企業理念を含め、戦略・戦術などは全て様々なシートを使い、書き起こすという作業を多く行います。
理由は、その戦略や戦術は企業の社員と共にに実践するものですので
組織内で共有できるように構築しておくことが重要だと考えているからです。

さて、先ほどの事例でご紹介した企業様では、事業計画を構築する際の想いを5年の計画をロードマップで見える化しました。
その時にロードマップへ明記したものは、すべて代表の頭の中に保存されているものでありました。
そして、考えているものを見える化したものは
社員にも分かりやすく、見やすく、覚えやすく、代表も伝えやすいものであるかどうか、も大事なポイント。
なので、1枚のシートで表現していきます。

これは、商品やサービスの販売戦略にも置き換えることができます。

商品やサービスを売ろうと思ったときにも、
「売れたら世の中がこんなふうに変わる」という想いを書き出し、まとめ、図式化します。
戦略と戦術を組み込んで売れる商品やサービスにしていく計画を立てるワケです。
事業企画に追加できる理由は、商品やサービスが売れたときのイメージとマーケティング活動が連動しているからです。
商品やサービスも明文化したものは売れていったときの社員にも理解しやすく、
イメージできることが売れる戦略へと変化していきます。

ぜひ商品やサービスに想いが盛り込まれた事業の計画を考えてほしいなと思います。

 

*************************************

▼事例でご紹介した企業も実施した【実践型社内研修プログラム】 詳しくはこちら▼

 

***【参加申込受付中!!】********************************

「今ある商品をもっと売り出したい!」
「新商品(新サービス)を売れる商品にしていきたい!」

商品(サービス)の売れていく道筋を立て、
具体的な「戦略」と「戦術」が決まることで
今まで売れなかった商品が思うように売れていきます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【売れる商品に育てる 戦略・戦術設計セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

    Q、マーケティングって役に立ちますか?

  2. 営業を集約する集客企画を提案

    集客をリノベーションする考え方

  3. 例えば、集客の手順が整っていていつも企画がスムーズに 考えることができると、 社員に任せることができる

    顧客増から自社の売上増となる活動準備

  4. ハートネイル まるごと県央 掲載してます

  5. 事業主が「よし!これで行こう」というときの裏付けとなるデータを集め企画戦略に落とし込む力

    企業が取組む「新規事業」を成功に導くために必要な力

  6. オンラインでスタッフとコミュニケーション

    ヘッドセットマイクという飛び道具

月別アーカイブ