マーケティングにおける自社分析と集客

企業の顧客から見た見方を進化させることで強力なチームを作る

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングは30年間にどんどん進化を続けてきました。

集客方法も進化をしていて、インサイドセールスという手法に視点が集まっています。
サマンサハートがインサイドセールスをクライアント様にご説明するときは、
企業がお客様の元へ訪問せずに、電話・メール・Web会議システムなどを使って
見込み顧客から受注まで行う営業方法、
とお話ししています。
基本的にお会いしている営業方法の企業様ではびっくりされます。

ですが、営業のポジショニングを変更すると、
企業がインサイドセールスを行うのは難しいことではありません。

このポジショニングをポイントに分析を行い、
企業の顧客から見た見方を進化させることで強力なチームを作ることができるのです。

ではどのようなことが自社分析でポジショニングできるのか。
まずは、サービス・技術・ノウハウなど、自社製品や商品の視点からポジショニングをすることができます。

分析方法とその活用については、売れるマーケティング塾で詳しくお伝えしています。
ご活用ください。

企業の顧客から見た見方を進化させることで強力なチームを作る

ブログでは、その成果についてをお話しさせていただきます。

インサイドセールスのポイントの一つに、セミナーやイベントの活用があります。
A社は集客の方法として工場見学を行うこととしました。
そこで行ったのが自社分析です。
自社分析ではポジショニングを使いました。
自社の製品の良さを、デザインと技術に分けてポジショニング分析をしたのです。
分析データは4分割され、その一つ一つを顧客対応セミナーに当てはめました。
顧客は多方面なため、1分野にとどまらなかったのです。
セミナーの見せ方ややり方、伝え方を変えることにしました。
コンシューマーにも今までの顧客にも対応できるセミナーを作り上げました。
これが基礎となり、企業に顧客がどんどんとやってくるようになったのです。

来てもらう営業の強さは皆さんもご存じのところ。
マーケティングの自社分析は、企業がインサイドセールスに進化させる時のポイントとなります。

**************************************

▼当社のリサーチサービス 詳しくはこちら▼

 

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. オンライン展示会やウェビナーでは対策を取る企業様が増えてきた

    デメリットをはっきりさせたうえでのオンラインセミナー活用について

  2. 顧客から「役に立つな」と思ってもらいやすい文章が作れます

    自社の”強み”について自社らしく計画書に書く方法

  3. しかもモノが売れていく結果が伴うもの

    協力会社との関係が上手くいっている企業は顧客獲得に困らない事情

  4. 成果を早く出したい時は顧客とどのようにつながるのかを考える

    知ればお得!3つのマーケティング活用イメージ

  5. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  6. ご来場を頂くときにもイベント開催中もお帰りいただく際も安全への徹底した配慮が必須

    イベントの成功基準を考える

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ