事業企画が成果につながるにはスケジュールを強化する

デジタル運用の全体プランニングを構築

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「製品ができた、さて売り込むぞ!」
この時、デジタルの活用が必要。
そこで、デジタルの活用が大きな壁になっている企業があります。

デジタルは現在、コミュニケーションを行っていく時代。
一方的な情報発信だけでは、顧客が振り向いてくれないと企業が知っているからこそ、
売り込むときのデジタルについて一歩進めない悩みが出てきているのです。

デジタル運用の全体プランニングを構築

製品ができた

戦略を構築した

プランニングと整えた

さて・・・デジタルはどう使ったらいいのか??となるワケです、

ところで、デジタルは頻繁に使われる日常の中で、
デジタルと自社の関係もごちゃごちゃしているのではないでしょうか。

企業であれば、デジタルといえば、ネット広告ということで広告を出したことのある企業が多いはず。
ですが結果といったら、集客できずに終わっているケースもあるのです。
また、問い合わせが来たのに、対応策が万全ではなかったため
見込み客との関係が保留になっているケースがあるのです。

そこに存在しているツールはデジタルツールです。
デジタルツールの活用無し氏は考えられません。
企業がネット広告を年間の活動に落としこむのに必要なのは、
デジタル運用の全体プランニングを構築すること、
と、企業様にはお話ししています。

まずは2019年の最後に、2020年の一年間の戦略をプランニングして、
デジタルツールを活用するプロモーションの構築ができる!!ってお話ししています。
理由は、このプロモーションの年間スケジュール構築が求められているから。

2020年に向けて、計画できるなんて!最高ですね。

 

***************************************************

<社員が動けるようになる、弊社マーケティングサービス 人気NO.1!!>

\ 企画提案力、販促効果アップ を御社で実現!! /
自社の戦略を考え、新たな商談を生み出す社員を創る

▼只今資料無料ダウンロード実施中!!詳しくはこちら▼
【売れるマーケティング塾】ご案内ページ

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 企業の自主開催のイベントにはお知らせDMが重要!【youtube】

  2. 戦略が見える、ビジネスモデルが描かれている事業計画書

    必要とされるのは戦略が組み込まれた事業計画

  3. コンテンツって言葉を辞書から引いてみることが俺らの目的ではない

    コンテンツマーケティングを知っていると便利なこと

  4. ニーズとウォンツ、似ているけど違う

    企業がニーズとウォンツを分けて戦略を考える時

  5. 自社サービスは「生き物」であると感じた瞬間

  6. 当社はアドバイスサービスの基準は、全てテキスト化することにしています

    “成果”と”すこしずつ変化していく明日”

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ