中小企業がリサーチを行うメリットとデメリット

企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を受け取る

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

戦略を立案するとき、多くの企業は会議を行い、社員や営業の話から日々に様子を聞き、
顧客の動向やこれから獲得できる市場など、実際の様子を参考にしますよね。

ほとんどは現場を理解することから、マーケティングは始まります。
現在の市場を調べ始めて、とりあえず顧客が喜ぶ視点を理解し、
ちょっと関係者や仕入れ先などから資料なんかをもらって、
またインターネットであれこれ調べて、
そのくらいですぐに動ける戦略なんかを作って実践するという企業が
多いんじゃないでしょうか。

今回は社内でこうして議題に上り、戦略に落とし込む、
「その前に行われるリサーチ」のメリットについてです。

まず、リサーチと呼ばれる市場調査は、まず、やり方が分かりにくい。
一般市場と呼ばれる付き合いのない市場に対しリサーチを行うことは、
売り込む&関係ないと思われがちの顧客だし、何となくいろいろ聞きにくい雰囲気があります。
そもそもリサーチというものの必要性自体知らない、っていう企業も珍しくないですよね。
それと、マーケティングの一部だということも含め、
ちょっぴり企画的なにおいがして売上と縁遠い感じがするのがデメリットです。

そんなデメリットのある市場の調査を無理に行うよりも・・・
と社員に現状を聞き、まずは成果が重要だからということで、
現場の意見を尊重して戦略を作る場合が多くなるのは、当然です。

ですが、同じ市場の様子を聞くにも、
・社員から現場の様子を聞くこと
・未開拓の市場を調べること
では、企業が獲得できる成果に大きな違いがあります。

社員から現状を聞くことは主に戦術を変更したり、新しい企画を作る時に役立つこと。
特に、今まで販売してきた製品をさらに顧客購入額を倍増しようとする時などです。
そのにデータを把握し、今までの顧客、または同じマーケットの売上増を狙っていく時、
現場の声は直接顧客につながりやすいです。

 企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を受け取る

一方、市場を調査するとなると、企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を
受け取ることができます。
そのデータは、現在のマーケットとは別なマーケットを獲得するために使われます。
今まで出会っていない顧客に出会い、同じ製品を基盤に顧客数を倍増しようとする時などです。
企業の多くがこのまだ出会っていない顧客と会うためにWebを活用し、
見込み客を増やす販売促進を行うのです。

同じ調査であっても、製品を視点に置いたものと企業全体の戦略にかかわるものという見方も出てきます。
すると、リサーチは事業企画書作成にも大きくかかわってくることがわかります。

 

***************************************************

<社員が動けるようになる、弊社マーケティングサービス 人気NO.1!!>

\ 企画提案力、販促効果アップ を御社で実現!! /
自社の戦略を考え、新たな商談を生み出す社員を創る

▼只今資料無料ダウンロード実施中!!詳しくはこちら▼
【売れるマーケティング塾】ご案内ページ

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. ツールの統括管理者の方はまずは費用対効果の分析から

    チラシなどのツールに関する費用対効果を出せない原因

  2. 戦略が見える、ビジネスモデルが描かれている事業計画書

    必要とされるのは戦略が組み込まれた事業計画

  3. 近況報告

  4. 今の時代に合ったマーケティング戦略と世界はコラボできる

    学ぶのではない、マーケティングの新しい世界

  5. コンテンツを使ってマーケティング活動をすることで営業の支援をする

    コンテンツマーケティングは言うなれば見込み客獲得と営業の間の存在

  6. 新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

    当社の事業計画2020年度を発表しました

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ