顧客の獲得は、プロモーション戦略の計画段階から

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

先日、イベント開催を来年に控えた企業様と
プロモーション戦略についてお打ち合わせをいたしました。

さて、こちらをお読みの方の中には、
「イベントのプロモーション戦略って何?」
または、
「今さらプロモーション戦略?」
と思う方もいるかもしれません。
現在、オンラインとオフラインの両方を使って顧客獲得を成功している企業が増えている時代。
改めて、プロモーション戦略の作りこみは重要になってきています。
実際に「イベントのプロモーション戦略」は、来場者数の問題よりも、
成果に直結したプロモーションを考えることができるか、を考える企業が増えているのです。
そうです、より実践型になってきているのです。

イベントのプロモーションについて企業の悩みは下記のようなものがあります。
・問い合わせがあったが来場とつながっていない
・イベント自体の認知度が低い
・同業他社もイベントを開催しているようだが事例が少なく差別化が図れない
・まずイベント開催ができればという考えはもう古いとわかっているが戦略が思いつかない
・イベントと売り上げが直結しない

上記に対して対策を考え、活動をしていく必要があると企業が考えていることも
ご相談が増えているので、確かです。

その対策は、問題点をリスト化し、
①イベント開催前・②開催当日・③アフターフォローと
大きく3つの流れに分けて考えるところから始めます。

イベントプロモーションは実践型ですぐに結果に結びつきやすいので、
できるだけ開催前からスケジュールを組むことをお勧めしています。
問題点をリスト化し、スケジュールを組むことにより、
自社の問題点を顧客の視点に変換することができます。
この変換により、顧客心理に合わせたプロモーション展開に移行できるのが特徴です。

自社の問題点を顧客の視点に変換することは、マーケットインと呼ばれる手法の一つです。
戦略を組み立て、スケジュールにしていくために、偏った視点から抜け出る方法として、
自社の問題点を顧客の視点に変換するという手法をとっていきます。

マーケットインの考えを入れることで、集客活動が会社全体の活動として浸透しやすいのも特徴です。

この顧客心理に合わせたイベントプロモーションの戦略が構築できることで、
マーケティングスケジュールは鮮やかになります。

 

<本日開催! 当日参加枠あります!!>
↓       ↓        ↓
***************************************************

<年間のプロモーション計画を、戦略的に考え実施できるセミナー>

HPやSNSを上手く活用し集客・売上アップさせたい!
キャンペーンなどは費用対効果が良く無駄にせず上手く行いたい!
そんな想いを1年間の「年間販促計画カレンダー」に落とし込むだけで、
来年は目標達成のための活動がしっかり実践できます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 「売れる商品に育てる」という戦略を作るために

  2. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  3. ちいさな「なぜ」をたくさん書き出すことができるかにかかっています

    戦略立案時のテクニックは「〇〇への問いかけ」が重要

  4. マーケティング活動を強化することで新規獲得が早くなる

    BtoB企業が認めないマーケティング戦略について

  5. 顧客と企業が相互に動くことによって認知が高まる自社が活用できるメディアを使う

    セミナー題名をなぜ「予算ゼロ」としたのか

  6. BtoB企業のHPからの問い合わせがない理由

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ