ネタ不足…これがあれば情報発信は楽になる!

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

BtoBの情報発信には特徴があって
皆さんが『何かしらの答えを求めて新着情報を読む』
というのがポイントだと思っています。

そこで、何かしらの答えに繋がりやすいように
サマンサハートの新着情報やブログは毎月特集を組んでいます。
ある一定期間、特集という大きなテーマが存在するということです。

今月の大特集は、「スケジュール」です。

正直「情報発信のネタがない!!」と感じている企業も多いのでは?
ネタがなくなると、ついつい情報発信がおろそかになるんですよね。
でも、顧客は何かを求めている。
そして企業の情報発信はWEBを中心に展開されているため、
新しい視点での情報発信が日々必要となっています。
提供しなければ、サイトに来ることも少なくなる・・・なんてジレンマを抱える、
企業経営者や管理職の方もいらっしゃることと思います。

では、次にアップする情報発信を考える時、何を行いますか?

そこで特集を考える時、大特集を作ってほしいのです。
私はマーケティング全般なので、SEO対策は一部なのですが、
以前は、無知だったことからブログの閲覧数を伸ばすこともできませんでした。
なので、勉強会に参加してちょっとづつコンテンツを活用して対策を実践していきました。
その中で、ペルソナという顧客のイメージを設定することを教えてもらいました。
マーケティングの中でも顧客イメージを持って集客することと
イメージしないまま情報発信をすることでは、攻めの集客と待ちの集客と2つに戦略が分かれることとなり、
事業の企画に人が来るかは重要なこととなります。
このことが情報発信の内容を具体化させ、企業の「顧客集客の軸」を作っていく、
その方法を得ました。

もしも、情報発信に「顧客集客の軸」を作らないまま、情報発信をすると、
毎日新たに何をテーマにするのかを考えることとなり、サイトへのアップまでに時間がかかります。
これって結局、求められている顧客への対応ができなくなるわけです。

そこで今月サマンサハートは、対応していくために顧客集客の軸を作り、
軸を中心に企業のいいところや最新情報を伝えてほしいと思っているのです。
そして軸に合わせて視点を変えた情報発信の内容を作りる。
作ったものを順番にサイトにアップしていく。

おかしな表現をすることもなく、必要な情報を発信することができ、
スケジュールを組んで前もって考えた情報を発信していくことで、
「欲しかった情報」として顧客が受け取ってくれます。
そうすれば、もっと企業ごとの“ブランド”(企業の特徴)が伝えられ、楽に情報発信ができるんです。

企業のマーケティングにおける「軸」も企業それぞれなので、
スケジュールを組むことで、さらにブランドに役立つ手順などヒントが何か見つかると思います。

 

***【参加申込受付中!!】********************************

<年間のプロモーション計画を、戦略的に考え実施できるセミナー>

HPやSNSを上手く活用し集客・売上アップさせたい!
キャンペーンなどは費用対効果が良く無駄にせず上手く行いたい!
そんな想いを1年間の「年間販促計画カレンダー」に落とし込むだけで、
来年は目標達成のための活動がしっかり実践できます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. ランディングページで関心を持った顧客は購入しようと思うリストの中に製品を入れてくれる

    製品ページから集客を行うために整えておくこと

  2. 課題を効率良く改善する上で欠かせないもの

  3. 展示会における商品力と販売促進の視点

  4. 目先の売上げが欲しくて出展したのでそんなときこそ

    なぜ、展示会に出展するのか、改めて整理した

  5. 「本音で語り合う」ことが 徹底的に尊重されている会議が大事

    販促を強くする女性社員が中心のミーティングを考える

  6. 顧客の心理を組み込んだページを作るにもアンケートデータが使える

    顧客分析とその対策はマーケティングを通して行える

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ