新規客から「選ばれる企業」になるための、今使うべきツール

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

題名が気になった方もいらっしゃるはず。
『新規客から「選ばれる企業」が、今、どんなツールを使うといいのかって?、なんだそれは?」
と思った方もいらっしゃると思います。
企業にとって重要な新規客獲得。
最近の話題として、現在当社には、キャッシュレスの対応についてお話を頂く機会が増えています。

新規客集客の話題として紹介したい1つ、
今話題のキャッシュレス・・・の話ではなく。
新規客獲得ツールとしての使えるツールとして、
今、確立されて来つつあるのが「サブスクリプション」です。
サブスクなんて略して、馴染みのあるモノになってきている方もいらっしゃるかもしれませんし、
サブスクリプション?何それ?って方もいらっしゃるかもしれません。

サブスクリプションのサービス化は、
いつもの継続して行っている活動をデジタルのサービス形式に落とし込むモノ。

そこで皆様にも見直して頂きたい!!
企業内で、積み上げてきた顧客との関係でシステム化されたものがあるのでは?
ぜひ、マーケティング活用を行いながら、
企業内で、”顧客との継続的に行われている活動” を見直していただきたいのです。
見直しですから企業がサブスクリプションを活用するなら、
やはりマーケティングは欠かせません。

とはいっても、企業と顧客の関係、そして製品やサービスとの繋がりは様々で、
長期的な関係を見直し、システム化することも一筋縄ではいかないのが現状です。
ですが、その中でも営業の方々が継続して行っていた活動がサブスクリプションにつながることもあるのです。
営業活動のメール返信コメントを集約していたことで、AI対応メッセージがすぐに構築できた事例もあります。
それを一つの事業として顧客拡大を狙えるのが、サブスクリプションを自社のサービス化することです。

マーケティングの一部として見るなら、ここまで難しく考える必要がないかもしれません。
マーケティングなら、ファン客から解約を考えている顧客まで、
さまざまな既存顧客へのアプローチを考え、売れる仕組み作りにできるから、やはり考えますね!

そこには、既存顧客だけではなく、新規客の集め方や顧客化へのプロセスも含まれて来ることも
見逃せないポイントです。

一番身近なものはSNS。
企業がいま、SNSを活用することを始めていて、それがサブスクリプションのサービス化につながっています。
「もう一度、お客様との関係を考えてみようか。WEBツールも上手く活用していくことをシステム化していきたいね。」
という、企業様と今話を進めています。

営業の手順とサブスクリプションサービス化の接点を見つけてみませんか。
具体的に活動した企業様には、マーケティング活動とセットで動かすことをお勧めします!!

 

***************************************************

<年間のプロモーション計画を、戦略的に考え実施できるセミナー>

HPやSNSを上手く活用し集客・売上アップさせたい!
キャンペーンなどは費用対効果が良く無駄にせず上手く行いたい!
そんな想いを1年間の「年間販促計画カレンダー」に落とし込むだけで、
来年は目標達成のための活動がしっかり実践できます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 企業から提案させる企画が明確であれば顧客から必然的に選ばれる

    事業企画までのスピードと実行

  2. さらにマーケティングへの思いが深まり金沢へ

  3. 企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

    マーケティング部と営業部の違いとは

  4. 見込み客(リード)が獲得できている企業は契約が取れてい

    リサーチには○○が隠れている

  5. マーケティングは社内業務、集客活動、販売促進、リサーチなどを実践する中で効率的にしていくのは必須

    時間短縮とマーケティングが企業の新しいマーケットをつくる

  6. 見込み客がお問い合わせをくれる企業ブログの正しい書き方

    問い合せがくる企業ブログは書けるのか?コンテンツマーケティングの結果報…

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ