「2020年こそは!」と集客に取り組む企業に向けて

戦術ですので、集客のツールやコトをいろいろ揃え、動いていくのが一番

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

集客活動って、いつも同じようにしか行うことができない・・・
そんな問題を抱える企業様に先日お会いしました。
他にも、

・マーケティングを活用して集客しろというが、結局どの手法を使ったらいいのかわからない。

・いつも同じ製品やサービスを紹介することしかできない、同じものを売っているのだから。

・新聞に取材されるってどうすればいいのか。

など、企業の問題は多いようです。

「結果的にいつものやり方で、いつもの顧客が問い合わせをくれる状況。
本当は新しい顧客と出会いたたかったり、顧客からの新たな対策のサポートが行いたいのに・・・」
など、企業の集客活動とその手法に限界が来ていることも見受けられるのです。
また、この時代に新しい戦略なんてあるのか、と疑問を頂く企業もいます。

そんな問題点の多い集客活動ですが、ありがちな「いつも通り」のマーケティング活動を
大きく変更していくには戦術を計画的に実行することにあります。
戦術ですので、集客のツールやコトをいろいろ揃え、動いていくのが一番です!!
では「いろいろ」とは何をそろえ、どのように行うといいのでしょう。

BtoB企業の場合にも、基本は1年間の計画を立てること。
そのために必要な情報は季節ごとに行われる行事やイベントです。
2020年はオリンピックがありますから夏までイベントには事欠かないですね。
そのイベントと自社の製品やサービスを企画にして動いていくことをお勧めします。

さらに、企業はターゲット分類も多いので、企画は必然的に複数が同時進行の場合があります。
ターゲットごとに顧客心理に合わせてマーケティング活動を行うとなると複雑になってきます。
そこで、整理できるA3のシートを活用して、年化の販売促進の計画を作っていくのです。
サマンサハートでは販売カレンダーと呼んでいます。

戦術ですので、集客のツールやコトをいろいろ揃え、動いていくのが一番

そのシートには、戦術を1年分計画していくのですが、
特にBtoB企業には、ブランドの世界観を感じてもらえるように、計画をしてもらいます。
特に企業のブランドとなる技術や製品のターゲットを明確にして、
認知されるように一つひとつの活動を行う手順に沿って明記していきます。

そこでは、企業のブランドである技術や製品を顧客に感じてもらうこと。
たとえば製品に触れ、試用してもらい、その機能的価値を理解してもらうこと。
あるいは技術や製品がどのように出来上がっていったのかブランドストーリーを伝える、
そんな場面もあると思います。
その場面はイベントとして企画を作ること。
などの活動を継続的に発信することで企業のブランドへの興味関心を持ってもらいます。
ここまでが販売促進で出来上がると、営業は一気に動きやすくなりますよね。

これはコミュニケーション戦略となります。
さらに、このコミュニケーション戦略は、
1年間のコミュニケーションをA3シートに設計をしていく方法で構築します。
一貫性のある戦術を繰り返し行えるように設計を計画していくこととなります。
これは、大きな流れをつかむことが重要です。

またその手順、プロセスを学び、全体像を掴むことで、活動中の修正も可能になります。

今、キャンペーンや展示会企画を進めようとしている企業には
この年間の活動の繰り返しが、成果を事前に予測することにもなるのです。
自社が取り組むべき1年間の販売促進を企画するための
「2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー」を開催します。
ぜひ、ご参加ください!!

 

***************************************************

<「学びを実践に活かすことができる」セミナーがここにあります!>

HPやSNSを上手く活用し集客・売上アップさせたい!
キャンペーンなどは費用対効果が良く無駄にせず上手く行いたい!
そんな想いを1年間の「年間販促計画カレンダー」に落とし込むだけで、
来年は目標達成のための活動がしっかり実践できます
!!

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
【2020年 マーケティング実践計画ネタ48セミナー】

****************************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. キャンペーン企画でサロンから受注されるディーラー営業マンにみてほしい

    結果の出る戦略を立てる前に行う重要な、あること

  2. はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する

    文章を活用して他社と区別!求人募集の書き方の鉄則

  3. 思考をまとめるのと同時に作業の確認を進める事ができるようにオリジナルに

    常に新製品の企画を抱えても、スムーズに営業活動ができる

  4. 展示会出展準備で、突然起きる問題

  5. 企業が「女性が仕事に向き合うこと」について具体的に力を入れ始めている

    「女性が働く」に関して好環境だと思うこと

  6. もっともっと顧客に伝えることができる!

    ネーミングという名のプロモーション

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ