業務時間を短縮し、マーケティング力を身に着ける3つのポイント-2

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

昨日のブログから【業務時間を短縮し、マーケティング力を身に着ける3つのポイント】をお伝えしています。
≪昨日のブログはこちら≫
本日はその続きで、『ポイント2』をご紹介します!

ポイント2:チャットに情報をすべて集約

サマンサハートでは
ほぼすべての業務や情報がフォーマットを中心に進めています。
各企画や各事業のイメージは各フォーマットに情報が集約されている状況です。

このフォーマットは紙ですからこれからの時代、省くべき重要項目の一つですよね。
フォーマットを書くことやそれをブラッシュアップする時間を取ることが、
効率が低下する部分であるし、事務所や現場では紙を減らそうという時代ですから。
でも、企業の中には、「業務の改善をしたい、時間短縮をしたい、でも紙はなくせない」
と考えている代表もいらっしゃるのではないでしょうか。

どの企業様も紙をなくすことに取り組むと社員同士の連絡のために、何か別のツールをそろえるはず。
意外と、新しいツールは何がいいのかを探すことに時間がかかり、結局決定ができない。
新しい改善ツールは今、安価でいいものがたくさん出ています。
どれも見ると、そして説明を聞くといいわけです。
ですが、決定的なツールの変更に値する項目が見つからない。
こんな状況が続くと、結果として紙を減らすことをできないまま今まで通りの仕事になっている。
このような状況のままな企業が意外とあるのです。

ところで、当社は紙のフォーマットを使用しています。
ですが紙は昔に比べて減っており、業務改善ができています。

なぜ紙を減らし、業務の改善ができたのか?
理由は、マーケティングの視点で“コト”を動かしてたからです。

この“コト”を動かす視点があることで、紙を減らすための活動やどのツールを使うのか、
また使うツールをどれにするのかを決定でき、判断が早くなり業務が進むからです。
結果として、紙は減り、業務改善ができました。
やったのは、当社スタッフが自分たちで、マーケティングの手順通りに進めていっただけ。

マーケティングの手順は、基本的には営業活動、販売促進、集客活動に使われるものですが、
社内改善業務にも使用できるのです。
社員が業務改善できることとマーケティングのつながりも、セミナーで詳しくしていきたいと思っています。

 

*****************************************

~「マーケティング力を身に付ける」セミナーがここにあります!~

今ある製品の売上を2倍にするための戦略は、企画として考えていく中で、
実行できる【プロモーションの行動計画】を決めていくことが必要です。
社員が今ある商品やサービスで、「売上を2倍にする」ための
プロモーションについてのセミナー
を開催します!!

売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー
~11月20日開催セミナーのご案内~

***********************************************

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  2. ロードマップをつくった理由

  3. 展示会で差別化戦略は、はたして有効なのか

  4. 取材されることは広報活動でありビジネス効率化

  5. 自社の新しいマーケティング構築のために

  6. 自社製品を販売するとき、企画が動かせる会社

    一気に企業の様子が変わっていくマーケティングについて

月別アーカイブ