企業がイベントプロモーションを活用している件

プロモーションの流れの注意点は思い切って段階に分けて紹介していくこと

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

現在注目されているBtoB企業のイベントプロモーション。
確実な成果につながる企業の戦略として活用するのは、どうすればよいのだろうか?
企業のプロモーションであっても、成功事例を企業の戦略に当てはめて考えていくことで、
自然と実践できるプロモーションになっていきます。

店舗とWEBの顧客動向データから戦略を立て成功した事例として、
ネットショップが店舗を構えたときのデータがあります。
店舗の閉店近くにネットでの購買率が上がるというものです。
お客様は商品の詳細まで確認を自分の目で行い理解したうえで、ネットで購入するという顧客心理によるものです。
この事例は数が多く、皆さんもお聞きになったことがあると思います。

プロモーションとして考えると、BtoBの場合、ネットショップがイベントとなります。
イベントは、企業で行われる、
説明会、
工場見学会、
展示会、
商談会、
などがあります。
そのほか、周年祭などもそれにあたります。

このようなイベントをプロモーションとして活用することは、
その場では企業が受注ができなかったとしても、購買に近い見込み客が明確になる利点があります。
また、繰り返しイベントをプロモーションとして活用することで、顧客の購買心理は上がっていきます。
初めは、顧客が概要しか知らなかったことでも、イベントを通じて製品や企業の事業内容について
理解を深めていくこととなります。
コミュニケーションの向上の能力の狙いも、この活用にはあります。

プロモーションの流れの注意点は思い切って段階に分けて紹介していくこと

この活用が理解できる企業は、
・認知段階にどのようなパンフレットを使い、
・サイトのどこに誘導していくのか、
・そして理解してもらうのはどのようなことで、
・どのタイミングなのか、
顧客心理段階に合わせ、まとめています。
このプロモーションの流れの注意点は、いくつもの企業の強みを紹介したくなりますが、
思い切って段階に分けて紹介していくということです。
これだけで、ぐっとわかりやすく企業と顧客の距離も近く&深まっていくことになります。

身近なところでは、企業のキャンペーン(しかし割引はなしで)も実践としてクライアント様にお勧めしています。

このイベントをプロモーションとして活用することは、
コミュニケーションが取れて商談が進むこともさることながら、
実践ができ成果へつながる活動の手順が出来上がることも特徴です。
イベントを通じて、顧客が面白そうだと思ったり、なるほどと感じたり、興味を引くような
企業の強みが伝わっていけばベストです。

 

****<参加申込受付中!>*****************************

自社のHPへ人を誘導するためには、プロモーション戦略が必須!
また今ある製品の売上を2倍にするための戦略は、
ターゲットを少し変更する(今までと異なる客層を取り込む)ことがポイント。
「売上を2倍にするプロモーション戦略セミナー」を開催します!!

売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー
~11月20日開催セミナーのご案内~

***********************************************

▼「イベントプロモーション」関連記事▼

できるヤツと言われるのためのマーケティングプランヒント

知らないと損!自社開催のイベントでアンケートが有効な件

もっと「イベントプロモーション」記事はこちらから

 

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 顧客に全力で向くことができるのは社内での情報共有があってこそ

    その戦略が社内で信用をされ、スムーズに進む“不可欠”な仕組み

  2. オンラインのメディアならBtoB企業も使用しやすくなってきている

    メディアと反応率を変えるBtoB企業の活動

  3. 企画書は、ビジネスの成功への近道!

    企画書は、ビジネスの成功への近道

  4. ブラッシュアップしたデータや技術を改良点などレポートにまとめ

    市場環境の変化があっても立案した戦略を実践に導くには

  5. ビジネスブログを企業が書くということ

  6. 女性マーケットを知って戦略を考える

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ