ネーミングという名のプロモーション

もっともっと顧客に伝えることができる!

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

プロモーション戦略、販売促進とも呼ばれる活動は、コンテンツが重要です。

企業様と話をしていてよく感じるのが、「BtoB企業は思いを伝えたい」んだということをとても強く感じます。

製品を世の中に送り出すときも、あらゆる手段を使っていることがわかります。
特にコンテンツの一部である製品ネーミングについても、同じ意識です。
それぞれ顧客によって製品の名前で受け取り方が違うからと
伝えきれていないのでは、伝えきれないかもしれないと考えを企業が持つようです。
なので製品のネーミングはシンプルで行こうと考える企業が多いのが確かです。
そんな中、ネーミングに力を注ぐ会社もあります。

企業は、製品のネーミングにはあらゆる手段を使っていますよね。
その手段は視点の持ち方により変わってきます。
・その製品が使用される場面
・さらに使用する顧客の様子
などの視点を待つことで大きくネーミングに変化がおこります。
これは顧客の立場に立った理解によるもの。
実はその裏に大きな意味があると当社は認識しています。

その意味とは
「製品を通じてコミュニケーションを行っていくことができる」との考えです。
ただ単に製品の名前を付けるだけではなく、製品を通じて顧客とのコミュニケーションが生まれることを意味しています。
製品のコミュニケーションを使用する前から顧客との関係を考えている!
これは企業とマーケティングでかかわらせていただいて強く感じるところです。
企業は製品が使用される前から、顧客を理解していることを意味すると思っています。

もっともっと顧客に伝えることができる!

だとしたら、「もっともっと顧客に伝えることができる!」のではないか、
それはプロモーションになるのでは、と考えます。
伝える意味が理解できて、伝えようとするその意識がネーミングに現れる。
さらに社内共有ができると、社員さんがブログなどで書き、顧客とコミュニケーションをとっていく。
このマーケティングプログラムが出来上がっていきます。

まとめると、
それは自社が販売する製品サービス技術について情報を発信する

消費者に直接的、間接的に伝える

顧客が製品を認知する手段になる

消費者が理解したうえでどう使っていくのかを伝える

この一連の実践を「マーケティング、コミニケーション」というんだなーと
あたらめて感じました。

 

****<参加申込受付中!>*****************************

自社のHPへ人を誘導するためには、プロモーション戦略が必須!
また今ある製品の売上を2倍にするための戦略は、
ターゲットを少し変更する(今までと異なる客層を取り込む)ことがポイント。
「売上を2倍にするプロモーション戦略セミナー」を開催します!!

売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー

▼只今参加申込受付中!!詳しくはこちら▼
売上を2倍にする プロモーション戦略セミナー
~11月20日開催セミナーのご案内~

***********************************************

▼「女性社員」関連記事▼

女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

販促を強くする女性社員が中心のミーティングを考える

もっと「女性社員」記事はこちらから

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 効果的なマーケティング実行企画ができお客様を逃がさない

    企業に直接かかわる案件数のアップについて

  2. 生活者の「生の声」を聞く!マーケティングリサーチ・解析活用の3つのメリ…

  3. セミナーを開催すること=企業活動の中では戦術のポジション

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(7/10)

  4. マーケティングがしっかり出来ていることで楽にクロージングまで持っていくことができる

    BtoB企業がオンラインマーケティングを活用する時の持つべき視点

  5. マニュアル(=売れる仕組み)で成功した社長がいる

    そこには「やる気」がある

  6. 補助金に挑戦することの重要性をオンラインで共有する

    補助金申請が通る人と通らない人の違いについて

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ