知ればお得!3つのマーケティング活用イメージ

成果を早く出したい時は顧客とどのようにつながるのかを考える

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

毎日、「マーケティング」と言って(私の場合は叫んでいる状態でしょうか)が、
ひと口にマーケティングといっても、毎日の簿ログの更新から事業全体の立案から結果を出すまでの
大がかりなものまでいろいろあります。

集客の効果を出すマーケティングについて、あらゆる視点からお話をお伝えしているわけですが
求めているものがわかると、どのような活動を選ぶのかがはっきりしてきます。

成果を早く出したい時は顧客とどのようにつながるのかを考える

タイプ別マーケティング活動のイメージは、大きく3つです。

一つはツールを活用したマーケティング。

チラシ、店内POP、HP、ブログなど顧客とつながる、また継続的につながっていくための
ツールを活用する方法。
顧客にダイレクトに伝わるマーケティング活動ができます。
成果を早く出したいときは、顧客とどのようにつながるのかを考えていきます。
その時、お会いして話をする前やお会いした後に、印象に残ることで、
集客へとつながれことができます。
会うだけではなく、このタイミングでツールを活用すると集客が容易になっていきます。

2つ目はイベントなどで大きく動くマーケティング。

イベント、展示会、会社説明会など顧客をダイレクトに集める方法。
告知をしていくことと同時に、顧客に来てもらうという大胆な活動ができます。
そのためには準備を大切にして、伝えたい情報や製品も顧客に合ったものを
提供できるように、そろえておきます。
企業ではチームを作り、活動をすると集客の効果が大きくなりますから、
組織を動かすチャンスでもあります。

3つ目は企画全体のマーケティング。

事業全体まるごとマーケティングを行う方法です。
目的は顧客増、売上増、購入単価増を目的としたとき、企業では製品の力、
製造過程の力、販売時の力、ツールの力、資金の力、組織の力、社員の力と
いろいろな力を結集していきます。
その力をどのようにどの場面で動かしていくのかを企画しプログラムを作り、
その作ったプログラムで動きます。
結果に結びつく活動から離れていくようだったら修正も行います。
事業全体を動かすことにつながります。

学ぶマーケティングから今は大きく変化していて、
社内に取り入れていく全体のマーケティング活動を考えるのが主流となっています。
無駄な時間を使わず、経費節約するお得な活用方法ですね。

************************************************

市場の変化や顧客ニーズの多様化により、
売れるポイントが分からなくなっている商品はありませんか?
どのような商品の企画、販売を行う時にも、現状の分析・把握は必須です。
リサーチから見つかる、御社の商品の「売れるポイント」がわかるセミナーを開催します。

リサーチから見える差別化戦略セミナー ~10月16日開催セミナーのご案内~

************************************************

「マーケティング 活動」まとめ記事

進化が早いマーケティングを上手に活用するコツ

Q、マーケティングって役に立ちますか?

もっと、「マーケティング 活動」まとめ記事はこちら

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. ~ヒルズ・せんとくん・焼酎の仕掛け方~ 事業成功は≪企画力・マーケティ…

  2. 求人(リクルート)戦略を立案した企業の変化

  3. 客単価と客数を同時に上げる画期的な企画

  4. お客様が何の疑問も持たなくて大丈夫なHP

  5. マーケティング戦略の立案においてブランド価値も目標設定する

    なぜスタッフがマーケティング解析士の資格を取るのか

  6. 調査分析によりポジショニングできる

月別アーカイブ