自社の新規事業とその戦略はこの分析から

革新するのは技術だけではない

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

近年のマーケティング分析はますます進化しています。

その方向性は
「自社のブランドや事業計画に沿った新しい事業展開を自社の分析から見つけ、カタチにすること」
へ、シフトしているようです。
もちろん新規事業というと、今までの売上の倍以上を目指す新しい取り組みと思われがちですが、
いやいやそれだけではありません。
全く異業種の業界へ進出するのではなく、
自社の売上や顧客の購入状況を分析して、今まで見えていなかった同業界の新しいマーケットを
見つける分析も、出てきています。

革新するのは技術だけではない

企業A社様では、自社の業界のAI技術の進展による「人口減少」や「外国人労働者の受け入れ」などから
素早く製品化できる視点から事業の展開を考えました。

突き詰めてみて競合分析をしていくと価格の改定が必要だったり、コストの削減が必要だったり、
と自社の環境についてもマーケティング分析が必要だとわかりました。

企業にとって新しい視点を取り入れながら、新規事業を構築するのは魅力的です。
そこでA社は、季節ごとの出荷分析や材料の使用分析から消費者の傾向を見ていくことにしました。
いずれも分析の視点は、新しい視点をテーマにしたものです。
ありがちなのが、「やっぱりここの分野しか当社はないんだねー」と
見方を変える努力を惜しむことです。

・連動
・セットや結合
・こだわり
などは、大切にしたいこととしてリサーチのテーマにしていきました。
A社様は、気が付いたたびにテーマのブラッシュアップを行っていったのです。

私もお手伝いして気が付いたことがあります。
「革新するのは技術だけではない」とです。
革新を行っていくことで新しい事業の展開をしていくことができたのです。
そこには継続した分析がありました。
分析の継続は拡大ができます。
集中もできます。
インダストリアルエンジニアリングの方向性も生み出すことができます。

勉強ではない、マーケティングの実践を行ってみませんか?

************************************************

市場の変化や顧客ニーズの多様化により、
売れるポイントが分からなくなっている商品はありませんか?
どのような商品の企画、販売を行う時にも、現状の分析・把握は必須です。
リサーチから見つかる、御社の商品の「売れるポイント」がわかるセミナーを開催します。

リサーチから見える差別化戦略セミナー ~10月16日開催セミナーのご案内~

************************************************

「リサーチ」まとめ記事

マーケティングリサーチから顧客の心を動かすテーマを見つける

どんな場面でもリサーチは可能

もっと、「リサーチ」まとめ記事はこちら

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 吉田北小学校講演会

  2. 新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

    当社の事業計画2020年度を発表しました

  3. 当社はアドバイスサービスの基準は、全てテキスト化することにしています

    “成果”と”すこしずつ変化していく明日”

  4. お一人で毎月集客活動を行っている人のツール

  5. リサーチから、詳細な顧客心理をつかむことができる

    リサーチを行う企業は立てた戦略に〇〇が少ない

  6. 女性の「どちらでも大丈夫です」から「こちらがいいです」へ

月別アーカイブ