当社の事業計画2020年度を発表しました

新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

グッドデザイン賞2019が発表になりましたね。
燕三条の企業様が発表されていました。
http://www.kenoh.com/2019/10/02_gooddesign.html
(Kenoh.com様サイトより)

受賞対象に「エバーグリル」のフライパンが・・・
近しい企業様が受賞するってうれしいですね。

私の中ではこりゃー、もう「レジェンド」です!

製造業の「究極系」を見た気がします。
顧客の思いを形にする企業。
新製品、新事業を立ち上げ、売れていくのも大変なのに、
ブランドを構築するてすごいなーーーってところです。

やっぱり、
「新製品は作るだけで売れるんではないんだ、
人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていくんだ」と感じています。
新製品が儲かるのではなく、新製品を動かしていく企業が優れているわけです。

そこに大切なのはやっぱり「人」なんですね。

私には、人を語れるものはないですが(恥)
会社の様子をお伝えします。

先日、事業計画発表をしました。
事業計画は、毎年作成していて、全員で確認をしていく場にしています。
今年はオブザーバーで、大手企業社長と金融機関担当者さんにも、来ていただきました。

事業計画は毎年作成

事業の話をしたり、これからの会社の目指す方向について話をしたり、
もっとお客様に喜んでいただくためにどのようにお金を使うのか、
などの話していきました。

事業計画はみんなで集まる大切な時間になっているわけですが、
当社には誇れるものがあるとしたら、理解されずらいマーケティングの仕事を
スタッフが継続して行ってきてくれたことです。
今のスタッフは、今年からもスタッフと長くて8年になるスタッフまで
マーケティングでかかわってくれています。

やめないで頑張った!(笑)

覚悟を決めた「人」から醸し出される雰囲気がマーケティングを作っているってことですよね。
マーケティングがあるところには人は集まり、
その空気感がまた次の集客を呼んでいきます。

製造業様が新製品を作り、ファンが出来上がっていくことと同じ、
と感じています。

当社の製品は、マーケティングをコンサルティングするだけではなく、
コンテンツとして体系化させて、実践できるテキストを企業にお渡しして活動をすること。
企業にお渡しできる「実践できるプログラム」が当社の製品です。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

*****************************

▼「事業企画」関連記事▼

マーケティングチーム3ステップと事業企画書の関係

新年からイノベーションを起こす事業企画

もっと、「事業企画」まとめ記事はこちら

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. ネタ不足…これがあれば情報発信は楽になる!

  2. 成果に結びつくには、戦術の工夫ではなく、戦略立案

    戦略立案の6つのポイントをまとめました!

  3. どのような強みを企業が持っていてどのように顧客に伝えるのかを分析する

    顧客の意思決定基準のとらえ方

  4. 展示会の準備ではそれぞれのメディアの特徴を把握し情報の発信方法や掲載を変更して見込み客にアプローチする

    展示会で集客している企業はトリプルメディアを活用する

  5. 協力会社がただの「仕事を振るだけの相手先」にならないこと

  6. 自社イベント&活動を停止した際の代替え案を立案する活動が、いま爆発的に広がっています

    イベントを中止した中小企業のその裏側と、今行うべきこと

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ