1週間で10回出てきたキーワードはこれ

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

社内でのミーティングの際、より伝わるようにと、
身近な漫画や映画、音楽、スポーツなどに例えることがあります。
解決したい問題点に合わせて、仕事や考え方とと重なるところが多いいですよね。
そんな中で、言葉だけでなく会話のテーマさえも重なることが多いと感じるときはありませんか?

偶然と言えば、そうかもしれないですが、
今週一週間によく出てきた言葉が、「シナリオ」でした。

でも、会社の経営では「戦略」「戦術」「企画」などが語られます。
前に進まない時には、戦略とプロセス(戦術)がゴチャゴチャになってしまったり、
戦略なきプロセス(戦術)を一生懸命に考えたりしていることもあります。
戦略→プロセス(戦術)という言葉の定義は大変重要で、
順番が違ったり、おろそかにしたりすると大きなコミュニケーションミスを招くこともあります。

 

話は戦略にずれましたが
私が今週多く耳にした話は、「シナリオ」です。
「あの時やあの時間・・・」と思い出だしてみると、
なんと10回以上も「シナリオ」という言葉と触れたのです。

戦略は目的を達するための「シナリオ」と、良く言われますから、
全くずれている話でもないですね。
たとえば、先程よく伝わるようにと事例として使う映画もシナリオと呼ばれる一連の流れがなければ、
出演者もロケ地も、シーンも決まりません。
このことからもわかるように、戦略はシナリオを持っていると
売れるまでの一連の流れが出てきて、チラシ作成の内容もサイトでアップする情報も決まってきます。

弊社ではクライアントさんのマーケティング戦略を描くときは、
シナリオは一番大事にしていて、なおかつ経営視点を含めて提案しています。

スタッフさんに説明していくときも戦略が無いと、自分で考えながら動くことのできるスタッフになりません。

 

戦略を描くときは下記項目などを書き出してみます。
・どの業界において、どのようなポジションの会社にするか?
・どのような魅力や優位性がある企業に育てるか?

こうしたことが戦略になります。

 

**************************************

展示会を名刺交換だけで終わらせません!
成約に繋げる展示会後のプロセスも含めご紹介します!!
8/21開催「展示会を活用した販路開拓セミナー」 のご案内はコチラ

**************************************

「戦略と戦術」まとめ記事

展示会における商品力と販売促進の視点

本格的に戦略を立てたことがない方向けはじめての戦略立案の手順

もっと、「戦略と戦術」まとめ記事はこちら

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. データによる高い顧客満足度は企業のマーケティング体質をつくる

  2. 目的をはっきりさせ社内でどのように活用するのかを戦略として考えるとき

    デジタルツールを使いたい企業は社員育成とどう関連付けるべきか

  3. オンライン展示会では自社ブースに来てもらう戦略が最優先

    失敗しないオンライン展示会出展!デジタル営業の第一歩

  4. 実践の中でのミーティング手順についてプロセスのまとめを行う

    社内ですぐにできる施策 ~マーケティング力アップ大作戦~

  5. 既存客の営業で求められる結果は継続率のアップだから

    新規契約獲得のためのアプローチ手法として企業が最近取り入れた視点

  6. 事業主が「よし!これで行こう」というときの裏付けとなるデータを集め企画戦略に落とし込む力

    企業が取組む「新規事業」を成功に導くために必要な力

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ