10年前から大きく変化している?企画書の作り方

企画書を作成できるのは考えをまとめることに十分な時間をかけるから

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

8/7の日経新聞で「企画書、初めにずばり」という題名で
記事がありました。

また、8/7はクライアント様が売れるマーケティング塾を社内で開講した日でもあります。

なんと偶然にも、企画の講座が始まった日に、企画について日経に載っているとは!
サマンサハートでは日々、1枚のワンシート企画書から約50ページにわたる企画書までを作成し、
作成の代行も行っています。
日々感じているのは、新聞記事を読んでもわかるように
企画の作り方について表現方法はさらに進化しているというところです。

 企画書を作成できるのは考えをまとめることに十分な時間をかけるから

今までの、特に10年ほど前までの企画書とは、最近大きな違いが出てきています。
企画書を書くスピードが速まっている点です。
ですが、企画書は失敗しないようにと考えると慎重になるものです。
そんな中で、従来の企画書を書くスピードよりも速く企画書を書くということは、

・伝えたいことがわかりやすくまとめられている

・ターゲット幅が広くさらに一部に関して詳細も設定されている

上記のような企画書を作成できるのは、考えをまとめることのほうに十分な時間をかけていて、
作成は社内で協力して行っている場合も増えてきています。

企画書に時間をかけることは悪いことではありませんが、
旬の時期が短く、早い段階で取り掛かるように事業を進めるための企画書は、
どこに時間をかけるのかは、今大きく変化してきているのです。

 

**************************************

展示会を名刺交換だけで終わらせません!
成約に繋げる展示会後のプロセスも含めご紹介します!!
8/21開催「展示会を活用した販路開拓セミナー」 のご案内はコチラ

**************************************

「企画書」まとめ記事

企画書は、ビジネスの成功への近道

実績を見直し、売上アップまでのプランを立てる

もっと、「企画書」まとめ記事はこちら

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 起業後の成長時期について(新潟で創業)

  2. 「とも働きが多いが・・・・管理職少ない北陸」 日経新聞データ

  3. とびこみ営業のできなかった私がやった営業方法

  4. 金融機関を説得する資料の作り方セミナー<4/23>

  5. 反応があるチラシと自分のチラシ、どこが違う?

  6. より明確に新しい市場や新規顧客を見つけることができる

月別アーカイブ