マーケティングチーム3ステップと事業企画書の関係

社員さんとともに 事業を進めていくときの未来

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

事業企画書サポートをしていく中で出てくる言葉が、

「チームでみんなが協力してくれたら、楽しそうだし、お金になりそう」

「自分で一人で考えることはかたよった考えになりがちだから、スタッフの意見も聞いていきたい」

「違う事業をしている人たちとなら、チームみんなで交流会とかしてみたい!」

「お客様が多くなって来た。このお客様となんか楽しいことが出来ないのかな?」

「人が好き! お金も大事だけど、同じ志を持った人とビジネスできたら最高」

というお声です。

マーケティングチーム3ステップについてはこちらから

相乗効果を狙う!というイメージです。
特に社員さんとともに事業を進めていくときの未来を考えていらっしゃる場合がほとんどです。
この大きな、そしてまだ出ていない成果を創造し、共有するのが
成果の上がるマーケティングチーム、3ステップの第1ステップ。

そして、相乗効果をイメージするだけのものではありません。
次に、共有できたらやるべきことが見えてきますから、
チームのみんながそれぞれするべきことを分担して活動を進めます。
これが第2ステップ。

成果の上がるマーケティングチーム、3ステップの第3ステップでは、
みんなで行った活動が継続的にでき、必要な人に動いてもらい実践ができていく。

順番にこの3ステップを上がっていくことで、これまで自分でやっていたことがお金がかかるばかりだったことが、
逆にお金を得られるようになってきます。
自社が本当に付き合うべきヒトやコト、モノが引き寄せられるようになります。
それが事業企画書の作成の元となる!

社員さんとともに 事業を進めていくときの未来

チームを構築している会社の特徴は、繰り返し継続することで、
社員が社長を支えてくれるチームができていき、その機能を持った会社に進化していっていることです。
クライアント代表をみると、数ある人脈の中で、
誰がビジネスパートナーとして最適なのかを知っている人が多いのも、
マーケティングチームを持っている会社の特徴です。
大切な社員と一緒に、「何」を実践して稼いでいけばいいかが
代表として、理解できている社員と共有の場面へと進みます。

共有できることと同時に進行して会社に多い活動が事業企画書を作成サポートです。
行っている事業にチーム力が重要で、会社の基礎を皆さんが作ろうとしているのですね。

事業企画書はマーケティングチームを構築していくことと
つながっているんだと感じています。
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

****************************************

サマンサハートでは、企業戦略構築時における社員のマーケティング力の強化をサポートしています。
プログラムされていて自社オリジナルの戦略が作りやすコンテンツをご案内しております。
是非お気軽にお申込みくださいマセ。

*****************************************************

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 商談に入る前に顧客側が長期的な視点でなおかつリスクに敏感になっている

    企業が顧客に選ばれる5つの要素

  2. その事業の概要を理解してくれる関連会社とコラボする

    失敗しない関連会社の選び方

  3. BtoB企業の提案書POINT、再度提案書の開くときはいつなのか

  4. 知っておきたいアフターフォローの活動ノウハウ、対応が遅れれば成果にならない

    展示会出展後の商談につなげる具体的実践方法のご案内

  5. 新製品は作るだけで売れるんではなく人がその製品に思いを入れ込んで新製品になっていく

    当社の事業計画2020年度を発表しました

  6. 企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

    マーケティング部と営業部の違いとは

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ