セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(10/10)

顧客のためのセミナーは次のつながりへと進めていくためのツール

10.アフターフォローまでがセミナー集客

セミナーに参加してもらうと、安心しますよね。
そして継続的にセミナーを開催することとなると、次のセミナーのことなど気になります。
そんなところから、いつの間にか、先日来場いただいたセミナー参加者へのお礼は忘れてしまうものです。

そこで、セミナーの集客準備の時から、参加者へのアフターフォローについても
準備することをお勧めします。

アフターフォローの内容

基本は、次のつながりを持つこと。

1、お礼メッセージをする。

参加してもらった1~2日以内に、参加のお礼を伝えます。

2、プレゼントを渡す

セミナーの様子など写真を送るのも一つの方法です。
本を出版している人なら本を差し上げたり、
小冊子や事例集を差し上げるのもいいですね。

お礼の後もメッセージをします。
セミナーの最後にアンケートの代わりに振り返りシートを渡し、気になることを記入してもらいます。
その内容を確認し、必要であれば自社の情報をメールします。

この時、1回目のお礼メールは、お礼しか伝えない。
2回目以降は顧客の役に立つ情報を送ることです。

顧客のためのセミナーは次のつながりへと進めていくためのツール

お会いするのも大切

個別相談やグループミーティングなどを開催して、お会いするのも大切です。

その時には、いかがでしたかと聞かないことがポイントです。
会話のながれでセミナーの感想は聞くこととなるワケですが、聞き方も大切です。
感想を聞くときには、

「セミナー、面白かったですか」

と聞きます。
BtoB企業主催のセミナーは、軽い内容のものが少なく、顧客が満足する情報も盛りだくさん。
その顧客のためのセミナーは次のつながりへと進めていくためのツールです。
自身をもってお勧めしたわけですから、
しっかりとセミナーの良さを顧客から引き出していきます。

また、セミナー御にお会いすることは相手の気持ちを十分に高める、
また、安心させることにもつながります。

10のまとめ

セミナーは、開催後の対応まで見られていると意識していきましょう。
顧客がセミナーで自社を認めるのは、事前→当日→フォローとそれぞれの段階で存在するからです。

セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ 10

↑ そのほかの「セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ10」のブログはこちらをクリック

 

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. 体験型をイベントプログラムに 取り入れて開催している

    イベント集客に失敗しない企業がやっていること

  2. BtoBでもBtoCでも、まずは知ってもらう「認知」が大切

    イベント集客でお金をかけずに認知を高めたいならコレ!

  3. 共感型イベントなら集客の方法が予測でき準備も万全なイベントを行うことができる

    イベント活動でツールを使うという考え方

  4. 今まで顧客ではなかった新規顧客獲得に目を向けた企画がコラボでは有効

    見込み客を作りだす今ドキの集客企画のフック

  5. 活躍している方々の「企画とプレゼンのチカラ」をアップさせる

    企画立案の裏の動き

  6. 展示会出展に関するコンテンツを明確にする時のBtoB企業の課題

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ