サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その2>

自社の常識に縛られていていたら分からなかった真空マーケット

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

実践していただくよう一緒に伴走する活動=プロジェクトマーケティング
のことを前回のブログでお話しさせてもらいました。

さっそく「マーケティングね!」と声をかけてもらい、さらに
「ところで、何ができるの?」と質問までいただきました。
近しい方にブログを見ていただけるのはうれしいです。

 

それでは、マーケティングの成果、2つ目について。

当社サマンサハートにあって、コンサルティング会社にないものがあります。
業界の非常識を持っているってことです。

基本的には業界の非常識は社内では気づかなくとも、
他業界から見ると「それって〇〇が常識でしょ」と気が付く部分です。

1つ例をあげます。
東京新宿駅前のビルに15のカウンター席と立ち飲みテーブル6つの店舗ができました。
それもビッグカメラ店内に、です。
電気量販店が酒類とおつまみを販売する非常識です。

顧客の立場から見ればサービスを受けて当たり前のことが、売り手にはその視点がないことって多いものです。
自社の「常識」に縛られていたら分からなかった真空マーケットを見つけたってことですよね。

上記の意味を含めて当社で行っている業界の非常識が、
マニュアルを渡すこと
です。

「コンサルは単価が高くて、頼めない」

「専門用語を使って、わからない」

「できない人は置いていかれる、自分たちには希望がない」

そこには、限られた企業様の

「中小企業向けの説明で、自然と売れていく手順ならいいのに・・・」

「社員も理解できるやり方で、売れたと実感できる仕組みがあったら是非ほしい!」

「営業マンがいなくても自分たちでやれることをやっていきたい」

という思いに応えて生み出されたマニュアルを使っています。
そのマニュアルとはマーケティングをわかりやすく図式化して、見やすく、振り返ることができる冊子タイプで
1コンテンツ10ページから100ページ以上のものも揃っています。

サポートをさせて頂く際に、定期的にお会いするスタイルは変わりませんが、
マニュアルを使ってすべてノウハウを提供するという非常識なマーケティングを行っています。

クライアント様からよく聞かれる不安と不満を
マニュアルを使い、誰もがわかりやすく、自分のメモを書き込むことができ、
すぐに振り返ることもできる実践への常識を行っています。

そして。
弊社の戦略をお伝えするのもなんですが・・・ニッチなマーケティング戦略でもあります。
ノウハウをお伝えして、実践してもらうマーケティングは、
今まで形になっていなかった集客をシステム化し、
社員の誰もが行うことで会社での取り組みとなり、顧客が成長しステージを上げていきます。

「コンサルに料金を払えない」と思われている企業の社長もいると聞きます、
様々な理由でマーケティングサポートを利用しない企業も多いですが、
そんな中でも当社を選んで頂くクライアント様は、
企業様がマーケティング戦略を構築していくことにより、
自社のオリジナルな売れる仕組みを実践してもらっています。

現在、弊社では「自社の売れる仕組みをつくってみたい」という企業様の
サポートに本格的に取り組んでいるところです。
新たなマーケティングシステムを会社のオリジナルとして創出支援するかたちとして、
モノづくりの情熱をマーケティングに置き換えて、
売れていくスタイルを作ってもらうことができているのです。

 

「マニュアル」まとめ記事

企業の成長がぐぐっと上がる時に必要なもの

集客のマニュアル

もっとマニュアルまとめ記事はこちらから

 

 

 

関連記事

  1. ニーズとウォンツ、似ているけど違う

    企業がニーズとウォンツを分けて戦略を考える時

  2. はじめて目に入る言葉に注目して求人の文章を作成する

    文章を活用して他社と区別!求人募集の書き方の鉄則

  3. 顧客の様子を見ている&顧客心理段階を知る

    協力会社についてのブログをマーケティングの視点で考える

  4. 女性チームの活躍の場が出来上がりそのものが具体策である

    女性がチームで活躍する事は本当にできるのか?

  5. いつも社員が関わってクライアント様に企画を立案するための手法

    データから企画を立案する際にはどんな環境がベストなのか?

  6. マーケットの絞り込みで社員が自ら動き戦略を立案した企業様の事例

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ