結果が出せるマーケティングなら実践できる

スタッフがマーケティングを知って、スタッフ全員が実践すること

こんにちは!
新潟の集客企画コンテンツマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングと目標の関係

WWA(新潟県女性異業種交流会)があり、ちょっと早いけど来年の目標を話しました。
年商とか利益とかビジネス系の目標とは別に、
個人としての目標をWWAで宣言することにしています。
マーケティングを学んだ頃、最初にやったのが自分の目標を決めることでした。
私が「マーケティングを会社・店舗で誰もが使えるようにする」と
コーポレートを決めた理由も実はこの宣言からです。

結果が出せるマーケティングは、もともとリサーチから
基本戦略を立てるという流れになっています。
そして基本の中に、自分の目標を立てることが含まれています。
今まで、事業をスタートしてから、いろいろな成功者、事業家、起業家に
お会いして来て、自分の目標をみなさんが毎年立てていることを知りました。
私自身、「目標は、やっぱり重要なんだ」と感じています。

言語化すること、宣言することがとっても大事

そして目標は宣言することも重要です。
知っている、聞いたことのある範囲の、机上の空論の「マーケティング」ではなく、
複雑になっている市場、さらに拡がるチャネル・・・・

そんな環境の中で、売上と向き合い結果を出す会社・店舗の
組織にはマーケティングの力が必要です。
そのマーケティングを使いこなすマーケターを育成する「売れる!マーケティング塾」の中でも
目標は宣言してもらっています。

また宣言の重要性は、新年度がスタートする当社の政策発表会に、
お世話になっているある会社の社長さんからも同席してもらい、発表を行いました。

スタッフがマーケティングを知って、スタッフ全員が実践すること

 

毎年、こうして目標を掲げ、言語化し、宣言できるのは、
マーケティングを会社に浸透させてきたから。
小さな女性だけの会社でマーケティングを理解できていることは
仕事において最高の環境つくりだと思います。

マーケティングなら実践できる

会社の方向性や環境つくりに迷いがある方も多いことと思います。

・まだまだ売り上げは上がるはずなのに成果も出ていないし、これだという戦略が描けていない。

・マーケティング理論もスタッフと共有できて、自社・自店での本来のあるべき姿に正面から取り組みたい。

など、私のところにはクライアント様のお考えが入ってきます。
現在は、マーケティングの基礎を知り戦略を立て、実践できないと新たな手法についていけないことも多々あります。

マーケティングオートメーションやホワイトペーパーなど、
マーケティングとデジタルがつながってきているからです。

当社が取り組んだのは、スタッフがマーケティングを知って、スタッフ全員が実践すること。
先日もクライアント様のイベントサポートで当社からの集客が20%と成果を出すことができました。
それはスタッフがマーケティングを実践したからこその成果だと思っています。

タダ仕事をするだけではなく、今の時代のマーケティングを理解して実践するのが大切なんだなと感じます。

***************************

今年の目標としてある「プロフェッショナルを発揮する」として、
サマンサハートのスタイルを確立していくとスタッフみんなが輝きます。
それについてスタッフに宣言しました。
「皆さんがこの会社の中で仕事をしていただける時間の範囲内で無駄を省き
効率いい方法を編み出し実践していくこと」です!と。
それが、サマンサハートのマーケティング実践です。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

関連記事

  1. マーケティングの世界に入りたい!入社希望ではないんですけどね

  2. 目的が手順を書くことで見えてくる

    新しい集客できる企画を構築する際の落とし穴

  3. 企業自社の力で集客をすることで新たなノウハウと体験を提供する場

    イベントとマーケティングを組み合わせ、リノベーションを行った会社

  4. 目の前にある製品と企画が連動して、イメージができるもの

    わかりやすいコンテンツはイベント戦略の武器に

  5. 「売れる商品に育てる」という戦略を作るために

  6. 企業がマーケティング一連の流れを知って活用できる部署を持つ

    マーケティング部と営業部の違いとは

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ