人が集まる商品やサービスを創るには?

事例紹介 サマンサハートがcotori様にプロデュースした集客企画を事例としてご紹介します。 純粋な日本製で子どもとママの素敵な時間を演出する キッズドレスの販売とレンタルサービスです。 cotori様は、たった10日で12組の親子の参加を達成する イベントの集客実績を上げました。 このイベントはcotoriキッズドレスをお子様が試着しママが写真撮影をする、 というイベント活動を開催することで 認知を拡大する!マーケティング集客企画になっています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA プロデュースすることになった時のcotoriドレス代表の加藤様は、 イベント集客をパッケージ化されていませんでした。 認知してもらうための戦略を持っていなかったのです。 ですが、ドレスを着た子どもがみんな輝いていく姿を ママに体験していただくイベントを開催することで、 cotoriドレスを認知していただく試着会イベントを組み立て 活動を始めました。 結果として、 ・集客に成功 ・1回目の参加からSNS広報で次回イベント参加の予約を取る ・販売へとつながった 活動を行うことができたのです。

人が集まる商品やサービスを創るには

サマンサハートではいつも 『商品やサービスは売れるべきところがある、 そして売れるスタイルを作る活動がマーケティングとなる』 と、お話しをさせていただいています。 イベントはマーケティング活動の一部です。 業務をシステム化することによって、 集客活動は進化していきます。 その進化はクチコミを広げ、商品ブランドにも大きく影響を与えてきます。 人が集まる商品やサービスを創るには、 お客様を集客できる事業システムを同時に創ること。 この考えは商品やサービスが人を集めてくれることにも なるのだとイベントサポートすることで実感する部分です。 当日の様子です。(音楽が流れます、ボリュームチェックしてください) https://www.youtube.com/watch?v=bb48XK6Iay4 サマンサハートはマーケティングの実践型に これからも集中してサポートしていきます。 http://www.samanthaheart.com/3623-2/3625-2/]]>

関連記事

  1. 私も起業した頃ならわからなかったこと

  2. マニュアル(=売れる仕組み)で成功した社長がいる

    そこには「やる気」がある

  3. 技術を紹介するときのマーケティングの使い道

  4. できるヤツと言われるのためのマーケティングプランヒント

  5. プロモーションごとに改善をしていくには体制を整える必要がある

    広告宣伝費を無駄にするのは誰だ!

  6. 主催者が集客で迷わない4つのヒント

月別アーカイブ