職人型は〇〇を開発する、事業型は〇〇を開発する

売れないという時に陥りやすいポイントは実践、要は販売・営業

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

経営者情報に「職人型ビジネスを抜け出す!」
というテーマが多くみられるようになりました。
起業する方、ブランド構築の方、チーム作りをする方などどんな経営のステージにあっても
どこかに「職人型」と呼ばれる部分があり、それが事業の発展を遅らせるものであるとのこと。
しかし、「職人型ビジネス」はそこからビジネスとして抜け出せない方と
抜け出して事業成功のビジネスにする方がいることをご存じですか?

もしも、自分の会社・自分の経営は
「職人型から抜け出しにくいビジネス」を行っているのでは・・・?
という方は、この先を読み進めてください。(o^∇^o)
職人型ビジネスの大きな特徴

マーケティングでは、リサーチ→分析→戦略→戦術→実践と様々な活動を行い、
事業を成功へと進めていきます。
その中で、製品を形にして、パンフレットやサイトなどのツールを準備したのに
ビジネスが動かない(商品が売れない)という現象が起こることがあります。
こんな時、
「あれ、売れないじゃないか???」
「なぜ???」
ということになります。

上記の例で売れない理由は、
すでに戦術の段階に入ってきているから次の実践が重要なポイントにいる!
なのに実践をしていない。

そうなんです。売れない、という時に陥りやすいポイントは実践、要は販売・営業です。
製品を販売していない‥・・
みなさん経営者の方から「それじゃ売れるはずないよ!」と
突っ込みを入れられそうなポイントです。

ツッコミについて回答が大事なのではないので話を進めます。
では、どんな実践をするといいのでしょうか?
ビジネスコンサルタントの先生がよくおっしゃる言葉に
「職人型は製品を開発する、事業型はビジネスを開発する」
という言葉があります。

職人型ビジネスは製品を作るが、販売を強化していないのが大きな特徴です。
サマンサハートの地元、燕三条でそれを街全体で行なうイベントとして
地元に提案しカタチにしたのが<工場の祭典>だと私は理解しています。
私は工場の祭典がくる度に「職人型ビジネスで終わっちゃいけないよ」と
企画を立てた方々が訴えているのだと思っています。
ここが職人型ビジネスモデルの大きな特徴であり、私は変革できる要素があると感じています。

売れないという時に陥りやすいポイントは実践、要は販売・営業

職人型ビジネスから抜け出すために

すると職人型ビジネスモデルの特徴と、変革できる要素を知ることで
実践が即可能になっていくことが解って頂けたと思います。
職人型ビジネスモデルの特徴には、製品を販売する能力を持つことが重要なのです。

ビジネスは現在から未来へと事業が正しく創られれば成長することが出来ます。
現在から未来へと事業が成長するイメージが付かないのであれば、
ビジネスモデル自体に弱点があると考えられます。
職人型ビジネスを抜け出すということは、製品を作ってからのビジネススタイルを、
特に販売がどんどんと動いていくビジネススタイルを想像するということになります。

ビジネスモデルを具体的にして活動に落とし込んで行くのです。
ここがマーケティングでいうと「戦略→戦術→実践」の部分、まさに、営業活動ですね!

その営業活動を実践していくために、必要なことが
・イメージを持つ
・戦略を持つ
・下請けではなく、自社営業にする
・いままでの提案内容や方法を変える
・欲しい市場を選ぶ
・ビジネスモデルを再設計する
・生産性を高める製造過程に変更をする
です。
いろいろな要素が必要となりますが、この要素を全体的に俯瞰することが、
職人型ビジネスモデルから抜け出す第一歩となります。
職人型ビジネスから事業を発展させるビジネスへ

クライアントさんとお話をしていると「こんなに要素があるなら面倒だなー」と言われます。
そうなんです!

いままで通りの職人型ビジネスモデルのまま進もうとすると、確かに面倒です。
それをカンタンにするのが
いろいろな要素を全体的に俯瞰することです。
職人型ビジネスモデルから抜け出す第一歩として何をするかというと、

『ビジネスモデルを創り直すこと』

実はビジネスモデルを創り直すことによって全体を俯瞰できます。
全体がわかると、経営者の思っていた通りに営業活動が進みます。
ビジネスモデルを作り直すことで、製造過程を効率的に変更することも容易にできます。
【「脱」職人型ビジネスモデル!】というわけです。
「脱」職人型ビジネスモデルの手法はこのシートを活用していきます。

ロードマップと言われるものです。
ロードマップは、
事業を実現させ確実に進歩していけるよう計画から実践までを網羅した経営者のためのツールです。

クライアントA社の経営者様は、
会議に毎回このロードマップを広げ幹部との共有を図っていると言います。
事業発展にお役に立っているそうで、売上も毎年UP中とか!!
また、理念に沿った形で実践することで事業全体の一貫性も出てきますし
それが結果、ブランディングの向上にも繋がります。

これからも「脱」職人型ビジネスモデルというテーマを
より深くご紹介していきたいと思っています。
今、事業で決断しかねていることがある店舗様・企業様方は
事業計画の1ページとしてぜひ取り入れてみてください!
********************************************

「ロードマップ」まとめ記事

・「元請け主体の会社にする」と宣言した新潟の企業

・ロードマップを作った理由

もっと、「ロードマップ」まとめ記事はこちら

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

 

関連記事

  1. データからは、顧客が気付かない問題点を読み取ることができる

    事業拡大に伴う、データ収集とその分析

  2. 見えない技術を顧客に伝える手法が必要

    技術を顧客が認めるには心に響くコレが必要

  3. 事業計画に落とし込めないのはデータと手順のせい?

  4. 体験型をイベントプログラムに 取り入れて開催している

    イベント集客に失敗しない企業がやっていること

  5. 展示会・オンライン展示会への出展サポート

  6. マーケティングは社員全員で行いたいそう考える企業も多い

    「マーケティングの相談をしてから社員が変わった」という話

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ