「集客ができる実力」となる環境整備のコツ

「TAXフリー」です。 私がTAXフリーで思い出すのは、先日の日経新聞さんの記事です。 8月18日付記事「訪日客 7月229万人 過去最高・・・」 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HFS_X10C16A8000000/ 7月期の訪日外国人が229万人、昨年対比19.7%増で過去最高を記録したとのことです。 1~7月の累計は既に1400万人を超していますし、 年内過去最高の2000万人超が確実とされているようです。 大勢の外国人が日本に訪れているわけです。 そーいえば、7月の大阪トリップでも、中国語や韓国語が耳に入ってきていました。 7月、229万人の国別の内訳は中国73万人、韓国45万人で相変わらず 隣国アジアからのインバウンドマーケットは増加の一途をたどっているようです。 訪日客だけではなく、越境インターネット販売も含めアジア向けの商品対策が 新潟県で重要となっている理由がよくわかります。 品質や技術、そして日本のサービスと言われる分野は人気が高いので、 コラボの企画をどんどん加えたほうがマーケティング的にはすごくいいです。 (データはチェーンストア経営の井崎先生から情報をいただいています) 話しは、TAXフリーに戻りますが、 インバウンドマーケティングにおいて、店舗の環境整備が 重要となってきます。 何と言ってもわかりやすいこと!が大事なんです。 その環境整備が、「集客が出来る実力」であり、 次のお客様を集める力となるのです。 外国人の方にわかりやすく伝えることは集客力の強化となります。 みなさん、この看板やPOPを見たことがありますよね。 tax-free-tate この対応ができることは、お客様にみつけられやすいってことです。 もしも外国人がショッピングに来ていたら、免税店の対応について考えてみましょう。 POPを張り出すだけではなく、近年においては自社サイトを訪れてくれた人々を お店の存在を知っていてくれる、いつも来てくれる、いつもお買い物をしてくれるという 顧客化するまでの育成プロセスも含めて考えてみましょう。 ↑ (この考え方がインバウンドマーケティングです) 「見つけられる」ことからはじまる一連のマーケティング活動のきっかけに TAXフリーがなっているということです。 「分からないからやらない」「分からないから実践しない」でおくのではなく、 挑戦して分野を広げることで、 数万円の仕事が数十万円に・・・ 数十万円の事業が、数百万円に・・・ 上がっていきます。 この原理原則をよく理解している代表が、 やはり短かい期間に集客に成功しています。 インバウンドマーケティング 今、もし ・外国人のお客様のご来店がある。 ・観光地だけど目立っていない。 ・店舗がわかりずらく集客活動は制限されている。 ・一般客に飽き飽きしている。新しいマーケットが欲しい。 といった「頑張っているのに報われない」日本だけのマーケット視点の方には TAXフリーの情報収集から始めてほしいのです。 上記のひとつでも条件が当てはまったという方には、 免税店というこの新しいスタイルを取り入れて、 「見つけてもらえる」マーケティング活動を事業の視野に入れるのは、いかがでしょう。]]>

関連記事

  1. マーケティング戦略の立案においてブランド価値も目標設定する

    なぜスタッフがマーケティング解析士の資格を取るのか

  2. 提案営業が楽しみになる!スタッフが動く売れる仕組み

  3. 事業のイノベーション

  4. 小学校6年生へ『マーケティング』を伝える

  5. 「とも働きが多いが・・・・管理職少ない北陸」 日経新聞データ

  6. 告知文とセミナータイトルは違う!

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(2/10)

月別アーカイブ