「集客ができる実力」となる環境整備のコツ

挑戦して分野を広げること

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

東京で「うまさぎっしり新潟 食の大商談会」の出店サポートで、
先週末はフル稼働でした。
私が会場で感じたキーワードは「TAXフリー」です。
私がTAXフリーで思い出すのは、先日の日経新聞さんの記事です。
8月18日付記事「訪日客 7月229万人 過去最高・・・」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HFS_X10C16A8000000/
7月期の訪日外国人が229万人、昨年対比19.7%増で過去最高を記録したとのことです。
1~7月の累計は既に1400万人を超していますし、
年内過去最高の2000万人超が確実とされているようです。
大勢の外国人が日本に訪れているわけです。

そーいえば、7月の大阪トリップでも、中国語や韓国語が耳に入ってきていました。
7月、229万人の国別の内訳は中国73万人、韓国45万人で相変わらず
隣国アジアからのインバウンドマーケットは増加の一途をたどっているようです。
訪日客だけではなく、越境インターネット販売も含めアジア向けの商品対策が
新潟県で重要となっている理由がよくわかります。

品質や技術、そして日本のサービスと言われる分野は人気が高いので、
コラボの企画をどんどん加えたほうがマーケティング的にはすごくいいです。
(データはチェーンストア経営の井崎先生から情報をいただいています)

話しは、TAXフリーに戻りますが、
インバウンドマーケティングにおいて、店舗の環境整備が重要となってきます。
何と言ってもわかりやすいこと!が大事なんです。
その環境整備が、「集客が出来る実力」であり、次のお客様を集める力となるのです。

外国人の方にわかりやすく伝えることは集客力の強化となります。
みなさん、この看板やPOPを見たことがありますよね。

この対応ができることは、お客様にみつけられやすいってことです。
もしも外国人がショッピングに来ていたら、免税店の対応について考えてみましょう。
POPを張り出すだけではなく、近年においては自社サイトを訪れてくれた人々を
お店の存在を知っていてくれる、いつも来てくれる、いつもお買い物をしてくれるという
顧客化するまでの育成プロセスも含めて考えてみましょう。

(この考え方がインバウンドマーケティングです)

「見つけられる」ことからはじまる一連のマーケティング活動のきっかけに
TAXフリーがなっているということです。
「分からないからやらない」「分からないから実践しない」でおくのではなく、挑戦して分野を広げることで、
数万円の仕事が数十万円に・・・
数十万円の事業が、数百万円に・・・
上がっていきます。

この原理原則をよく理解している代表が、やはり短かい期間に集客に成功しています。

挑戦して分野を広げること

 

今、もし
・外国人のお客様のご来店がある。
・観光地だけど目立っていない。
・店舗がわかりずらく集客活動は制限されている。
・一般客に飽き飽きしている。新しいマーケットが欲しい。
といった「頑張っているのに報われない」日本だけのマーケット視点の方にはTAXフリーの情報収集から始めてほしいのです。

上記のひとつでも条件が当てはまったという方には、
免税店というこの新しいスタイルを取り入れて、
「見つけてもらえる」マーケティング活動を事業の視野に入れるのは、いかがでしょう。

 

********************************************

「集客 新規」まとめ記事

主催者が集客で迷わない4つのヒント

自社の新しいマーケティング構築のために

もっと、「集客 新規」まとめ記事はこちら

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

関連記事

  1. 進化が早いマーケティングを上手に活用するコツ

  2. 展示会出展準備で、突然起きる問題

  3. 集客の基本は、企画の設計とスケジュール

    どうやったら集客できるかと聞かれました

  4. イベントは動いていないように見えますが急速に新しい企画として立ち上がっている

    一つの製品に特化して企画を立案するある手法

  5. 2016年マーケティング イノベーションの一歩

  6. 企業に直接入ってこない市場の様子や顧客の動向を受け取る

    中小企業がリサーチを行うメリットとデメリット

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ