実践型プロジェクトを作りしっかり成果を出したい 

・実はプロジェクトはずっと以前から会社で行われていた プロジェクト自体は以前から社内で行われているので、 ・新しくやる必要がない ・今さら画期的なモノは見つけられない ・社員が動かない など進みづらい問題が出てきて当然です。 その問題は、やり方がいままで一緒であったことが原因として考えられます。 だからこそ新しい実践型プロジェクトスタイルに取り組んでいくので、 今まで以上の成果を実感することができます。

・実践をしている企業はまだ手探り状態かも!

実感できる理由は、だれに売るのか、何を売るのかを明確するなど ポイントをおさえた取り組みがあるからです。 明確にするべきなのにはっきりしないには理由があります。 進める時心得ておくポイントは2つ。 ・商品やサービスを売るためにプロジェクトを組むこと ・会社や店舗がいないところでお客様が使い続けて再度受注があること この2つの時間差に気がつくことは考え方の基本の2本立てです。 プロジェクトは購入と購入以後の再注文までもプログラムするのです。 ・イベントをプログラムすると社内の様子が変わる! プロジェクトは購入と購入以後の再注文までのすべてを 社内のプログラムすることはお勧めです。 この発想が変わるとチームの活動が変わります。 もっとも大きな違いはプロジェクトの目的が 身近な達成するべき目標に到達することと 大きな目標にむかってチームを動かすこと というようにしなければならない的発想から離れ、 これからの新しい発想に切り替えること。 頭が新しいプロジェクトスタイルにリセットされると自ずと全員の動きも変わっていきます。]]>

関連記事

  1. はじめに小さな善循環を作る

    女性活躍推進にマーケティングを活用する場合

  2. 上手くいく集客の仕組みづくりの進め方

  3. 変化をもたらす新しい2016年を迎える前に

  4. リターンまでの戦略を立てる

  5. 革新するのは技術だけではない

    自社の新規事業とその戦略はこの分析から

  6. 企業が「女性が仕事に向き合うこと」について具体的に力を入れ始めている

    「女性が働く」に関して好環境だと思うこと

月別アーカイブ