実践の裏側

アロマハートさんがイオンに出店をされました。 アロマハートさんは、アロマ(香り)が与える脳への好影響を主軸に 勉強会やワークショップ、イベント、アロマ芳香器レンタルなどを 行っている会社さんです。 出展内容は、休日にイオンに遊びに来ているお客様に ワークショップで楽しんでもらう企画です。 アロマが企画になるなんてちょっと難しそうですが、 とても楽しいイベントに櫻井さんはつくり上げていました。 そして大盛り上がりでした。 イベント企画 イオンならたくさん人があふれているから、 お客様はどんどんワークショップをやっていってくれるはず。 集客なんて、ラクラクでしょう。 そう思いがちですが、店頭の設計から、 お客様への認知度を上げる設計をしている集客は おなじフロアのほかのブースとは格段に差別化できた集客力を見せていました。 (イオンさん、イチオシの企画ですよ!←ちょっと売込み) イベント企画 何をするかというと、 材料がそろっていて、子どもたちがアロマの香りを楽しみながら、 アロマグッズを手作りしていく約10~15分くらいの間に 椅子に座って工作をするというワークショップです。 イベント企画 集客の方法が楽しい。 まず、ブースはキッズの集まるフロアで開催。 とにかくアンパンマンなどのデコラティブなカートが イベントブースの前をガンガンと通っていくわけです。 小さなお子さんはカートに乗っていますが、遊んでいてほしいのは小学生などのキッズ。 イベント企画 キッズの合言葉を知っていますか? 「お母さん(またはママ)、あれなあに?」です。 =「私もやりたい」の意思表示。 イベント企画 企画内容も含めて、お子様が楽しめるイベントに創り上げる最高の実践を 私もご一緒させていただいて楽しむことが出来ました。 イベント企画 写真を見て、なるほど!こうすると人がくるのか!!と思った方。 ポイントはこの企画が出来あがる裏の事業計画にあります。 おさえどころ、お聞きください!! イベントの計画→企画→実践までマーケティングサポートいたします。  ]]>

関連記事

  1. イベントマーケティングの認知度が上がってきた

    イベントマーケティングで企業が後悔した3つのポイント

  2. マーケティング戦略構築で必要とされるリサーチの分野はこれ

  3. 社員さんとともに 事業を進めていくときの未来

    マーケティングチーム3ステップと事業企画書の関係

  4. 企業がイベント集客に集中でき結果が出せる理由

  5. 業種を超えた強い味方!リサーチを活用する

  6. はじめに小さな善循環を作る

    女性活躍推進にマーケティングを活用する場合

月別アーカイブ