金融機関を説得する資料の作り方セミナー<4/23>

「金融機関を説得する資料の作り方セミナー」 を開催することにいたしました。   クライアントさんが資料を作成したい理由は、 小規模事業者持続化補助金の申請書を作成していた時に さて・・・・とPCに向かって何も書けなかったところからでした。 はじめに資金のことで銀行さんに行ったら、 「サポートするから、数字を当てはめていくだけでいいんだよ、提出資料を書いてみて」、 と銀行から言われたそうです。 でも、銀行に売上目標の数字を提出したら、 「事業の概要は?」 「なぜ、この事業をするの?なんでお金がいるの?」 「アピールポイントはなに?」 と質問攻め。 家に戻って資料を作成しようとPCに向かってみたものの、 頭が混乱して、何をどのように書くといいのかが分からなくなってきました。 事業計画書 最近では、助成金も事業計画の部分を重要視しています。 事業にはお金のことも必要ですから、 その基となる資金を調達しようとしたときには、銀行に聞くこととなります。 国民金融公庫を経由するときも同じです。 銀行はきちんと資料を求めてきます。 出来るだけ明確な事業計画があると、スムーズですし、実際動き出したとき事業計画を書いていたことで 余計な経費をかけないで済むこともあります。 なにに向かっているのかがはっきりしているから、無駄な経費を使わなくて済むということです。 やっていきたいことと売上実績が一致する理由でもあります。 そんなクライアントさんが、無理難題(本当はそうではないのですが・・・・)を金融機関から言われた時、 「こう考えています!」と、びしッ!!とプレゼンできる 「金融機関を説得する資料の作り方」を体系立て、より多くの方にこのノウハウを伝えることにしたのです。 今回の「実践」は、事業計画書の内容、書き方、提出の手順になります。   特に以下の方が対象になります。 ・新規事業を考えている人 ・事業計画書を作成したい方 ・事業の改善を考えている人 ・ものづくり、小規模事業者補助金の書類を作成している方 ・これから創業しようとしている方 ・銀行にどうやっていったらいいか分からない方 ・他の方と組んで事業を展開していきたい方 ・家族や周りを幸せにしたいと考えている人 直感的に「ピン!」と来た方は、ぜひお申し込みください! —————————————— 金融機関を説得するための「事業計画書」を含めた資料作成のポイントをお話ししていきます。 「金融機関を説得する資料の作り方セミナー」 ・事業計画書について ・事業の概要 ・その事業の目的作り ・アピールポイント ・ターゲットとポジショニング ・市場規模成長性 ・競合関係 ・営業活動基本方針 ・売上計画、スケジュール ・経費 ・初期資金、資金計画の考え方 ・顧客管理の仕方   日時:4月23日(土) 10:00~12:00 ※サマンサ通信に13:30~15:30と記載されておりましたが、時間が変更となりました。 誠に申し訳ございません。 会場:サマンサハートナビルーム 参加費:10,000円(税込) ※全ての資料をお渡しいたします。   ~終了しました~ 申込フォームはこちらから お問い合わせはこちらから   ——————————————   なお、特典を準備してます。 ●特典1: 補助金の流れ ●特典2: 事業作成チェックリスト     それでは、あなたからのお申込みを待ってます。 是非、リアルでお会いしましょう。 お申し込みお待ちしております!!   ~終了しました~ <お電話でのお問い合わせ、お申込みも受付しております> 株式会社サマンサハート ☎0256-92-3724(9:00~21:00)       ■「金融機関を説得する資料の作り方セミナー」(1回目)は 3月26日開催は終了しました。]]>

関連記事

  1. 実践型プロジェクトを作りしっかり成果を出したい 

  2. 顧客の心を動かす条件!問題ではなく「課題」にフォーカス

  3. マーケティング活用で、ただ漠然と交流会に参加しない!

  4. 集客ベタの企業が克服すべき課題

  5. イベント集客率を上げるための正確なデータとは

  6. 私、あんなふうになりたい

月別アーカイブ