勘違いしてない? 本当にお客様を美しく仕上げる方法

本当にお客様を美しく仕上げる方法 たとえば「軽く仕上げて」とお客様がお話ししたので施術したら、 思いっきり年齢を感じさせる仕上がりになった経験はありませんか? 軽く仕上げるために施術の力を70%にした。 これでは年齢に施術が負けてしまうことに。 ある年齢からは施術や使用する商品の一部に120%のパワーを入れることで、 上質な仕上がり感を出すのはプロならではの技です。 これこそ本当にお客様を美しく仕上げる方法です。 ここは外せない、をポイントにしっかり提案しながらも、 軽く仕上げることが出来る技術力があるから。 だからこそ、たくさんの商品の中からベストな選択をして、 たくさんの技術を駆使して、お客様の要望に仕上げていくわけです。 お客様の隠しきれない部分は隠さずに、引き立たせる方法で違うかがやきを出してあげる。 この選択をなにでやってのけるか!?! それは技術を支える商品です。 「何もしなくてもいいよ」とお客様がいうから、 何もつけてあげない、何もしてあげない、なんてことはサロンさんにはないわけで・・・・。 サロンさんなら、小技をきかせて見た目も変えてあげることもできる。 コミュニケーションや日々のサポートで笑顔を引き出すこともできる。 肌の透明感を深めるためにサプリメントを勧めることだってできる。 サロンにある商品のすべてが、サロンの技術を支えてくれる。 それもたった一つの商品ではなく、複合型でお客様を美しく仕上げていく。 ならば本当にお客様を美しく仕上げる方法とは、 サロンの今ある現状のすべてを活用すること。 新年度、春に向けてのお客様への提案は、 サロン内に現在存在する無料や有料のサービスや商品を活用し 外見や内面の美しさを引き出す新たな企画で集客に成功してほしいものです。]]>

関連記事

  1. 営業が苦手な人がやっていること

  2. 「集客ができる実力」となる環境整備のコツ

  3. 女性がチームで活躍する事は本当にできるのか?

  4. 調査分析によりポジショニングできる

  5. データから、リニューアルしたほうがいいのか確認していきます

    お問合せが無いからサイトをリニューアルするのか

  6. 試食会マーケティング【youtube】

月別アーカイブ