魔法をかけられたサマンサのセミナー日記

まだまだ、自分の未熟さをも感じました。(〃’∇’〃)ゝ そこへきて、もっともっとと感じる時間を頂いたのが、今朝のモーニングセミナーでの講話者燕市吉田の株式会社ほしゆう代表取締役星野光治氏の話です。 45分のお話の中で多くの体験を語られました。 モーニングセミナーは経営者の体験を通して、経営について学ぶ時間です。 最後にお話した5分間にサマンサ高橋も自分を重ねて考えることが出来ました。 要約すると・・・・ 「経営に携わっている中で40代から自分の経営に対するポジションが変わってきた。 するとたくさんの素晴らしい経営者と出会い、話しを聞く場面があった。 どの話も素晴らしくて、うらやましいと感じることもあった。 その時点ではいつも今に見ていろ!!!と心の中で思っていた。 自分はどうかと考えると、その素晴らしい経営者の姿や実績を見るたび、出来ていない自分を歯がゆく、いらいらすることもある。 しかし、良く考えたら、いやだなと感じるのは相手に対してではなく、じぶんに向けられているものだと分かった。 自分が目標を立てたら、それに向かっていく。さらに達成するとその上を見て、もっと上の経営者と出会い目標を自分で上げていく。 達成する満足など味わうわけはないのだ。 自分自ら目標のハードルを上げているのだから。」 こんなお話でした。 大会社の社長さんは、同じように上を目指すんだ! これが最終目的地点ではなく、更に上をいく。 出来ていない目標に自分の足りなさを感じるのは誰も同じなんだ! 今日も活動ができる自分にありがたいと感じていきます。   *********************************************** ブランド化をサポートしています。  ]]>

関連記事

  1. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  2. 協力会社がただの「仕事を振るだけの相手先」にならないこと

  3. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  4. 会社を変えていきたい代表が多い!!

    できるできないを代表がくどくど悩んでいるわけじゃない

  5. 技術をブランドとする

  6. マーケティングを知ってからリアルに仕事へと結びついていきました

    とびこみ営業のできなかった私がやった営業方法

月別アーカイブ