「ブランディング」、「ブランド」とは・・・

ブランド=代わりが効かないもの

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「ブランディング」、「ブランド」とは・・・
ブランド、と言われて初めにイメージするのは、グッチ・エルメス・シャネルなど、
いわゆる高級品の“ブランド”をイメージする方が多いと思います。

しかし、ブランドは自社や商品にも起こすことができます。
ではブランドとはどういうことか?

ブランド = 代わりが効かないもの

ブランド = UPS + 社会的証明

※UPSとは、ユニークセリングプロポジション(Unique Selling Proposition)の略で、
「独自の売り」のこと。

U・・・ユニーク=独自性、自社・自店・商品の特徴

S・・・セリング=売れる強み、売り込めるポイント

P・・・プロポジション=提案、主張

USPとは
「他社・他商品にはない特徴や強み、それらから得られるメリットを、提案していく事」
=「独自の売り」を発信していくこと

になります。

このようなブランドを自社に構築していくマーケティング戦略の1つが
「ブランディング」です。

ブランド=代わりが効かないもの

ブランディング(英: branding)とは、顧客の視点から発想し、
ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略のひとつ。
ブランドとして認知されていないものをブランドへと育て上げる、
あるいはブランド構成要素を強化し活性・維持管理していくこと。
またその手法。

ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、
商品やサービス、それらを供給する企業や団体、
また人物・建築物・史跡・地域 ・祭事 等々、営利・非営利、有形無形を問わずあらゆるものが該当する。

(wikipediaより抜粋)

**************************************

「ブランディング」まとめ記事

本当のブランド戦略で必要なチェックはこの2つだけ!!

ブランド戦略にあると有利な書類

ブランドマーケティングについて

もっと「ブランディング」まとめ記事はこちらから

明日から使える!実践型マーケティングメルマガ配信

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 「本音で語り合う」ことが 徹底的に尊重されている会議が大事

    販促を強くする女性社員が中心のミーティングを考える

  2. ターゲットに必要な提案が出来あがりそれが相手にも伝わるものになること

    実践され仕組み化され結果が出せる方法を受け取る講座への出席

  3. 4つのマーケティングポイント

  4. 体験型をイベントプログラムに 取り入れて開催している

    イベント集客に失敗しない企業がやっていること

  5. 企画の維持管理について

  6. 会社も盛り上げ社員のモチベーションもアップさせ自分も上昇気流に乗りたい

    社長と社員と会社は、一致させて上昇気流に乗せたい件

月別アーカイブ