ブランドマネジメント

1.会社の経営の流れに沿ってブランド戦略を立てる ブランドが明確でそれだけでわかりやすいものになっていると、経営の流れに沿ってブランドが上昇気流にのることとなります。 ブランドが独り歩きする状況です。 社名よりも商品名を知っているお客様が多い状況です。 そこにたどり着くには、会社の経営を見える化しておくと、戦略が立てやすいことが会社さんのサポ-トをしていてわかりました。会社のブランド戦略の先には「ターゲット」「戦術」「ツール」など明確にしていくものが決まっているからです。 この「ターゲット」「戦術」「ツール」はどれも会社の1つの理念の基に存在することとなります。会社の経営を見える化しておくことで1つの理念の基がはっきりし、ブランドも誰もがわかりやすい、ぶれない存在となっていきます。 お客様が「ああ、それね!」とすぐに理解できる存在です。 2.戦略のシナリオを描く ブランド戦略では目的を達するためのシナリオを作成します。 マーケティング戦略と同じくブランド戦略もブランドとして どの業態、どの部門、どの商品ラインにおいて、どのようなポジションのブランドにするか? どのような魅力や優位性があるブランドに育てるか? こうしたことがブランド戦略のシナリオの内容です。ブランドはそれ自身がお客様の心に浸透していくことを考えると、1回だけの戦略ではなく、 さらにプロジェクトとして全体的に実践します。 ブランド戦略を実行するには各プロジェクトの実践が必要となります。 ブランドの場合は経営の流れに沿っていることもあり、重要なのは実践です。 そして、実践時には多くのプロジェクトが並行して進むものです。 相乗効果が期待されるので、その全てに目を配り成功させることが目的となります。 多くの人は素晴らしい新製品を作る、ロゴや広告宣伝を統一化する、 営業販売部門を増員するといったことをブランド戦略だと考えるようです。 それは経営全体から見れば「戦術」の領域であり、社内からの発信です。 この社内だけのブランドではなく、コンシューマーを巻き込んだ本当のブランド戦略を 頭に入れながら社内外のブランド戦略活動をしなければなりませんし、 それをしっかり末端まで伝えていかねばなりません。 □商品と同等な大切なブランド力につながること]]>

関連記事

  1. 何が仕事になるのかな?

  2. 経営者をやりながら、営業のトップを走っている人という印象がとても強い

    最近出会った「引退」という引き際

  3. ブランド=代わりが効かないもの

    「ブランディング」、「ブランド」とは・・・

  4. いくつかのサプライズのあるイベント企画に

  5. BtoCビジネス化

  6. 調査分析によりポジショニングできる

月別アーカイブ