技術をブランドとする

以前は、見込み客の獲得では様々な専門展示会が一般的でした。 展示ブースでの商品説明、アンケートやプレゼントによる名刺獲得等から お客様リストを作っていくのが一般的でした。 このスタイルは一般的消費者の場合に特に有効でした。 企業の技術等を伝承することやコンテンツとして発信する場合には 問題外だったのです。 簡単にいってしまうと「ノウハウは売れない」でした。 なので「質」よりも見込み客へは「量」を売るしかなかったといてもいいと思います。 しかし、現在は見込み客に何を伝え、どのように理解してもらうのか、 技術のどの部分を見せるといいのか等、企業のマーケティングスケジュールを具体的に 行動予測をして、継続的なコミュニケーションを技術を中心において、図ることができるのです。 そこで大切なのが、コンテンツと呼ばれるものです。 コンテンツマーケティングは、企業が見込み客そして顧客が「必要だ!」と言ってくれている。 その必要とされる「情報=コンテンツ」を提供することで、 お客様との関係を構築していくマーケティング手法です。 そのコンテンツにはメインとなる商品情報ばかりではなく、商品に関連した情報、 他業種でも活かされるハウツー情報、自社の目線での一般的メディアの情報なども含まれます。 このコンテンツと呼ぶ範囲は、商品やそれを支える技術も含みます。 BtoBの場合には、技術を「質」ととらえ、企画や自社サイトを通じて 見込み客を獲得していきます。 ここが技術がブランドになっていくポイントです。 これからは、技術を「質」を伝える事として全体のマーケティング戦略が構築でき、 その中心にある「技術」はブランドとなっていくのです。]]>

以前は、見込み客の獲得では様々な専門展示会が一般的でした。 展示ブースでの商品説明、アンケートやプレゼントによる名刺獲得等から お客様リストを作っていくのが一般的でした。 このスタイルは一般的消費者の場合に特に有効でした。 企業の技術等を伝承することやコンテンツとして発信する場合には 問題外だったのです。 簡単にいってしまうと「ノウハウは売れない」でした。 なので「質」よりも見込み客へは「量」を売るしかなかったといてもいいと思います。 しかし、現在は見込み客に何を伝え、どのように理解してもらうのか、 技術のどの部分を見せるといいのか等、企業のマーケティングスケジュールを具体的に 行動予測をして、継続的なコミュニケーションを技術を中心において、図ることができるのです。 そこで大切なのが、コンテンツと呼ばれるものです。 コンテンツマーケティングは、企業が見込み客そして顧客が「必要だ!」と言ってくれている。 その必要とされる「情報=コンテンツ」を提供することで、 お客様との関係を構築していくマーケティング手法です。 そのコンテンツにはメインとなる商品情報ばかりではなく、商品に関連した情報、 他業種でも活かされるハウツー情報、自社の目線での一般的メディアの情報なども含まれます。 このコンテンツと呼ぶ範囲は、商品やそれを支える技術も含みます。 BtoBの場合には、技術を「質」ととらえ、企画や自社サイトを通じて 見込み客を獲得していきます。 ここが技術がブランドになっていくポイントです。 これからは、技術を「質」を伝える事として全体のマーケティング戦略が構築でき、 その中心にある「技術」はブランドとなっていくのです。]]>

関連記事

  1. スーパーのアイスクリームとコンビニのソフトクリームは似てるけど選ばれ方…

  2. ビジネスブログを企業が書くということ

  3. 集客のマニュアル

  4. 自社の新しいマーケティング構築のために

  5. 事業で成果を出したい時のコツ

  6. 業種を超えた強い味方!リサーチを活用する

月別アーカイブ