新年からイノベーションを起こす事業企画

事業企画を強調する理由は顧客増と顧客単価アップの成功実例から

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「事業企画をサポートしているのか?」と思った方も多いのでは・・・
当社にご連絡を頂いたり、セミナー時にご出席の方々からもいろいろ聞かれます。

もっと根本的な
「事業企画ってなに?」
「事業計画書と違うのか?」
との質問が多いです。

なので、BtoB企業社長様のみなさんは
自社にイノベーションを起こしたくて、注目度は高いのだと実感しています。

事業企画と事業計画書は基本的には、ほとんど同じです。
ただし、事業企画は実践できる企画書になっていて、
特徴的な3枚のシートで1年間の活動は充実していきます。
今まで、行き当たりばったりだった経営から抜け出せるのです。

当社の活動はあまり派手なことはなく、
「やると結果が出る!」という当たり前のことなのですが、
事業企画を強調する理由は、顧客増と顧客単価アップの成功した企業様実例を持っているから。

下記は実際に事業計画作成サポートを受けていただいた企業様に起こった
イノベーションのほんの一例です。

1.防水工事会社さんが全員で関わって前年対比1億円以上売上アップ。
2.美容室の店長さんが作成してリピート率アップ、プラス毎月新規10件獲得。
3.コーチングコーチがコーチ契約を毎月連続受注、そして140%売上アップ。

実は事例があるんです。
事業計画書は、誰もが知っているし税理士さんからなんども
「作成したほうがいい」と言われた代表もいらっしゃるはず。

なのでみなさん、ご存じです。ですが、関心度が薄い!
上記の企業様事例は資料を見ていただくと皆さんが
「あーー知ってる!」と言ってくださる企業様であり、イノベーションを起こした事例でもあります。

また、事業企画は自社社員が動いてくれた実感を皆さんが持つことができ、
ハッキリ証明された部分です。
事業企画には関心を持っていただけるのもありがたいことです。

 

 

さらに、明確に「事業企画を作成しましょう!」と伝えているにも、実は理由があります。

2015年8月、当社は落ち込んでいた時期がありました。
なのに、クライアントさんはどんどん成果を出していました。
「どんなことが起きているんだ???」と不思議な気分でした。
例えば、A社様は、2015年1月に事業企画を作成しました。
その企業様は現在営業マンさんが大活躍で、クロージングがどんどんと進んでいます。
もう半期を目前にして目標達成しそうだというのです。
私がグラフを見せて頂いた6月時点では80%の達成でした。
ふと、「新しい技術を売りにしているのか」とお聞きしたら、
「事業企画通りに進行しただけ」とお話くださったのです。

それも「社長が基本を書いたが、部長を中心に各部署で書き足したものを
毎月確認して進めた」とのこと。
「成果が出ている理由は図式化しているから」と説明をもらったのです。
「えーそれって、私が企画塾から教えてもらった内容を
ばっちり実践しているってこと!」と心の中で叫びました。
内部者ではない当社がサポートして事業企画を作成することにより、
普通なら例年通りのエクセルの数字のみの事業計画書作り方に
なるところをイノベーションが自然と起こってるのです。

このサポートは特別サポートなので、マーケティングプランをご提案しています。
特別サポートの中には、アイデアがどんどん出るミーティングを開催することで、
本来なら迷走してしまう事業の方向性もスッキリと見えてきます。

そして、自分たちで実践できる計画が出来あがってくるので、
毎日、社内では、スタッフと共にどんどん実行するだけ。

その結果、わずか半年で1年分の売り上げをほぼ達成するという
成果を上げる企業様が出てくるわけです。
特徴的な3枚のシートを中心に社内にイノベーションを起こし、大々的に事業展開できるのです。

当社では、この事業企画のサポートに対して、
PCが使えない方や、思いはあるけど文字にできない&コンテンツ化できない
という方も力強くサポートしていきます!

当社では手書きも書き起こしをしますので、安心してお任せ下さい。

こんな企画はフツーあり得ない!!
って感じです。

あえて付け加えると、この事業企画サポートは、
個人事業者とスタッフ30名以下のBtoB企業様に特に有効です。
御社が「今年は何としても会社にイノベーションを起こしたい」と本気で考えているならば、
再度、ご確認ください。

 

関連記事

  1. 製品やサービスごとに仕掛けていきたいターゲットを明確にする

    戦略の立案数が多い社内勉強会

  2. オンラインでスタッフとコミュニケーション

    ヘッドセットマイクという飛び道具

  3. もっともっと顧客に伝えることができる!

    ネーミングという名のプロモーション

  4. 新規であってもリピーターであっても継続的に集客をしていく

    イベントで集客ができない企業の、調査ミスについて

  5. 事業のイノベーション

  6. ネタ不足…これがあれば情報発信は楽になる!

月別アーカイブ