事業のイノベーション

クリスマスセール 以前から、既存客獲得の経費の7倍は新規獲得に 経費がかかっていると言われていますが、 最近ではもっと多くなっているようです。 WEBがあっても、時間コストが多くなっているようです。 コストがかかった分を含めて、継続的なお客様との コミュニケーションに全力を注ぐのが アドボカシーマーケティング。 新規が取れた!だけではなく継続的に 顧客獲得へつなぐマーケティングスタイルにする。 これは本来の姿だったわけです。 あらためて、大切ないつもご来店、ご注文のお客様へのフォローに 時間をかけて無限ループから脱出します。 新規にだけ視点を置いてしまうと、かけた時間のコストにうんざりし、 お客様との関係性は希薄になり、(それも特に既存客との関係において!!) いつの間にか既存客がどんどん流出してしまっているのが現状なのです。 そのために顧客フォローの仕組みをつくります。 アドボカシーマーケティングでは、第3段階を活用します。 継続的な関係性は、反応率にたとえられますが、 既存客へのアプローチに対する反応率が100だとすると 新規客獲得のアプローチは5くらいの反応率になっています。 同じ活動なら、既存客へのコミュニケーションを考えるといいですね。 既存のお客様に対してリピートして頂ける仕組みづくりが重要となってきます。 その時の活動ポイントはご購入頂いた大切なお客様へのアプローチです。 これって、やれそうで、出来ないこと! 仕組み化していないからです。 「よっしゃっ!」て仕組み化する、これ、イノベーションです。 実は何をおいても最優先事項なのです、革新(イノベーション)ですから。 大切な「既存のお客様」を特別扱いし、継続的な顧客としていくには 商品や売上ではなく、「お客様」に焦点を絞り、 コミュニケーションをとっていく。 その仕組みを作る、チェックする、←ここを構築するのがイノベーション。   核心をつき明確にして実行する、本物のマーケティングをお勧めします。 http://www.samanthaheart.com/3676-2/3682-2/  ]]>

関連記事

  1. 売れるマーケティング塾研修終了

    大切なのは「個別企画」と「全体の統合」

  2. 例えば、集客の手順が整っていていつも企画がスムーズに 考えることができると、 社員に任せることができる

    顧客増から自社の売上増となる活動準備

  3. 会社も盛り上げ社員のモチベーションもアップさせ自分も上昇気流に乗りたい

    社長と社員と会社は、一致させて上昇気流に乗せたい件

  4. 企業が「女性が仕事に向き合うこと」について具体的に力を入れ始めている

    「女性が働く」に関して好環境だと思うこと

  5. 高効率を考えていなかったことに大きな落とし穴がある

    高効率なアンケートとは

  6. 研修の実践を繰り返し行い、事業のスピードアップが図れるというメリット

    デメリットな社内研修が意味のある研修に変わったワケ

月別アーカイブ