私も起業した頃ならわからなかったこと

創業講座 そんな頃には、周りの環境はとても優しく、 その周りの環境に依存すると自分を堕落させてくれます。 そんな時は、偶然にも環境とは適度に起業者を突き放すようにするらしいのだと感じます。 簡単に言うと、いつの間にかだれも気にしてくれない、 一人ぼっちだと感じる時期がやってきます。 で、その弱音の内容が、 「言われた通りやっているのに、クライアントが受け入れてくれない」です。 それはかつて事業をやって来た人たちの姿でもあるわけです。 私のそうだったし・・・・ (いやいや、そうではない人はいます) でも、多くの事業者は自分の心を隠して、どんどんと仕事に精を出しているのです。 また、起業後の人とお話をすると 「同期のあの人はうまくいってるのに、なぜ私がだめなんだ」と 感じる方もいます。 私も起業した頃ならわからなかったのですが、今ならその理由はよくわかります。 「何を言うか」より「誰に言うか」の方が100倍大事だからです。 大事なこととして、マーケティングでは調査分析をしますが、 起業時においては、日々の活動の反省は調査分析となります。 起業してからいままでどのように活動してきたのか、 また毎日をどのように過ごすべきなのか、 反省のチェックリストを準備しました。 「まずは自分を理解して、的確に一歩を進めること」 そのための講座を開催します。 止まっていた自分を改革させる、起業からステップアップの話を聞きたい人はぜひ! 申込は今すぐクリック! http://www.samanthaheart.com/news/6981/]]>

関連記事

  1. 自社のやり方を改造することは、すなわち自社をブランド化すること

    成果が出るまでのスピードを社内改造する

  2. ドメイン(事業領域)決定時の判断基準には名刺を整理することでできる

    BtoB企業の展示会出展後の裏ワザ

  3. マーケティングの要素

  4. 事業計画につながる!今までにない新しい社員アンケート

  5. 「日本一の会社にするから、協力してほしい」

    事業計画は社員の夢

  6. 集客を可能にする中小企業の広報担当の仕事

月別アーカイブ