継続して売れていくって、すごいこと

継続して売れていくって、すごいこと

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「ギモーヴ」ってご存知ですか?
ギモーヴとは、『フランスのマシュマロ』と呼ばれているお菓子です。

ギモーヴとマシュマロは見た目や味も似ているんですが、
「マシュマロ」は、メレンゲにシロップを加えてゼラチンで固めたもの。
「ギモーヴ」は、フルーツピューレにゼラチンを加えて固めたもの。
また、マシュマロは甘いシロップを使っているので
食べた後に口の中に甘みがしっかりと残るのに対して、
ギモーヴはフルーツピューレを使っているので
口の中にフルーティさが残る、という違いがあります。

とびっきり苺マシュマロ

今回はとってもおいしいこの「マシュマロ(ギモーヴ)」をいただきました。

越後姫果肉と米飴を使ったとびっきり苺マシュマロ(ギモーヴ)です。
第13回新潟市みやげ品コンクールで、
新潟市長賞をいただいているすごいマシュマロ(ギモーヴ)です。

このマシュマロ(ギモーヴ)の生みの親が「つなぐ株式会社」さんです。
マシュマロ(ギモーヴ)をいただいたのは、つなぐ株式会社の相馬代表。
相馬さんは6年前から、
いまだに人気の衰えないジンジャーシロップを作っています。

tunagu

ジンジャーシロップは『穂のか菜のか』というブランドで
新潟県産のお米の水飴【米飴】と北海道産【甜菜糖(ビートグラニュー糖)】で
やさしい甘さのシロップを瓶詰にしてあり、
お湯に溶かすだけで簡単ドリンクができるんです。
新潟伊勢丹の催事に出せば、完売するほどのすげー商品です。
継続して売れていくって、すごいことです。
ジンジャーシロップを6年以上お客さんに
選ばれつづける商品を持つということはどういうことなのでしょう・・・

それは、「戦わない」ということ。

瓶詰はいろいろあるけど新潟県で相馬さんのジンジャーシロップは、
一店舗しかありません。
食品や瓶詰というポジションだったら、大企業と戦っても負けてしまいます。

だから、戦わない。
戦わないからこそ、負けることなく、
ずっとお客さんに求められる存在でい続けています。

そして戦わずに活動を続けている秘密をお聞きすることができました。
さらにこれからは、お客様との関係性で最も大切にしていることを確認して
価値の出し方を変更していくとのこと。

大切にしたいことをいつも心に持っているのだなと感じながら、
お話ししてきました。

**************************************************
輝くいい技術を持っている!
お客様に役立ついい商品がある!
いいモノを持っているならば
次にすべきことはいい計画です!
調査分析⇒企画戦略⇒実践までマーケティング戦略構築を
夢・目標の実現のために、企業様と二人三脚で取り組むサービスを
提供しています。

 

関連記事

  1. 製品やサービスごとに仕掛けていきたいターゲットを明確にする

    戦略の立案数が多い社内勉強会

  2. 事業のイノベーション

  3. DMに込められた思い

  4. 研修の実践を繰り返し行い、事業のスピードアップが図れるというメリット

    デメリットな社内研修が意味のある研修に変わったワケ

  5. 中小企業の社長は社員の声をよく聞くべき?

  6. お客様が価値と判断するのは

月別アーカイブ