継続的に情報発信ができるように集客スケジュールを設計する

そんな中、サマンサハートのHPもHPというよりはサイトとしての機能を持たせて活動しています。 そんな風に考えた現在のHPはもう3年になります。 3年前は上記の想いはちょっと早かったのかなと思ったものです。 まだ、オウンドメディアという言葉もない時代でしたが、 自社の情報発信の「場(メディア)」として試行錯誤を繰り返し、 お陰さまで今ではマーケティング情報サイトとしても見ていただけるようになってきたかなと感じます。 集客したいとき、新潟の女性マーケティングは、 多くのマーケティングカテゴリーの中でも特に多くの要素が絡まっていると思います。 それは、情報発信できるすごい方々がたくさん新潟にいる! っという証拠でもあります。 そのため、サロンさんも企業さんもWEB担当者さんは学ばなければならないことが多すぎです。 それが新潟のマーケティングが社内部署として出来上がらない原因のひとつです。 しかし私たちはそんな状況の中で見つけたことがあります。 継続的に情報発信ができるように集客スケジュールを設計し、 お客様とコミュニケーションをとり続け、売上に反映させる事ができるマーケティングを見つけました。 それがマーケティングオートメーションです。 マーケティングの最前線にいるサロンさんや企業さんに、 私たちの実践経験から得た知識とデータをわかりやすくお伝えし、 共に実践・継続できる「マーケティングオートメーション」を大切に活用していきたいと考えています。  ]]>

関連記事

  1. セミナーを開催すること=企業活動の中では戦術のポジション

    セミナー集客を成功させるちょっとしたコツ(7/10)

  2. マーケティング活用で、ただ漠然と交流会に参加しない!

  3. 客単価と客数を同時に上げる画期的な企画

  4. 企画具体化

  5. 事業のイノベーション

  6. 売れる商品がいくつあり、当たり前に売れていくためにできることをいくつ持っているか

    サマンサハートが考えるマーケティングの4つの成果<その3>

月別アーカイブ