企画のテーマを作ってみよう!

2015-01-27 10.39.40 どんな実践をするのかというと、以前のブログで話した、 お客様は「モノ」としての「ドリル」が欲しいのではなく、「穴を開ける」という「目的」を 達成するための「手段」としてのドリルが欲しいということです。 用途を提案するってヤツです。 用途提案には、社内で一つのテーマを作るといいです。 「商品やサービスを売るには○○を売れ!」 ○○は、もちろんお客様が受け取る価値が言葉として入ります。 この言葉を共通言語として、同じ目的を持って活動をしていくことになります。 この方程式は、企業さんではそのまま企画のテーマとなります。 ○○は「モノ」ではなく、その「嬉しさ」「使い方」が入ります。 あなたの商品・サービスの場合は、○○は何になるでしょうか?      ]]>

関連記事

  1. イベントを通じて、 自社のプレゼンを身につける 作戦なら取組みやスタートが しやすい

    イベントを開催すると企業とお客様のココロに残る

  2. 安心して営業するための集客と準備の関係

  3. 女性の「どちらでも大丈夫です」から「こちらがいいです」へ

  4. 起業と失業保険と助成金と

  5. 企画具体化

  6. 商品力があるさらにそれに伴う技術力も新潟の企業は世界最高峰

    商品力で集客を成功させる時の問題点

月別アーカイブ