誰もが持っていた人材育成をスムーズに行うためのもの

教科書 教科書や参考書を見ながら、覚えていきました。 そして、よく「教科書を見て予習復習をしなさい」と言われていました。 教科書があることで、事前準備ができて、同じものを共有できることが 伝える側も伝えやすいことでした。 反対に、教科書がなかったら、どのように基本的なことを 毎年新人に伝えていけばいいのでしょうか? でも中には、当社にはマニュアルがあるよ!とおっしゃると企業さんもいらっしゃることと思います。 マニュアルであれテキストであれ、はあったとしても実際には機能してなかったり、 マネージャーに丸投げになっているのが多くの企業さんの実態です。 そんな企業さんも新人に基本を教えたら、状態で、 その新人には成果を出してほしいところです。 成果が図れないものの一つに、教える側と教えてもらう側の マニュアル(教科書)が別々になっていないこともあります。 学校の先生は、教える側の教科書を持っていますよね。 誰もが学生の時、持っていた人材育成をスムーズに行うためのものとは、 人が育つための基本となるマニュアル、教科書のことです。 その教科書は企業さんそれぞれにオリジナルの育成教科書です。 それも一冊だけではなく、 1年目に入社した時に先輩から教えてもらうための教科書、 新人に教えて共有事項をつくっていく教えるための教科書と 分けて作るのがベストです。 作成に時間がかかると感じますが、それも初年度のみ。 2年目からは修正しながらいいマニュアルに出来上がっていきます。 このやり方は、人材育成に割かれていた時間も削減することができ、 新人もスムーズに業務を覚えることができるやり方だと思います。  ]]>

関連記事

  1. 企画アイデア

  2. どんな業態のビジネスにも対応できる力を持つマーケティングは最高だね

    マーケティングには集客時に実践しやすいフォーマットが存在する

  3. 企業には複数のマーケティングを!

  4. 社員さんとともに 事業を進めていくときの未来

    マーケティングチーム3ステップと事業企画書の関係

  5. 起業と失業保険と助成金と

  6. 卸売業にとっての顧客増となる「マーケティング力」とは?

月別アーカイブ