変化をもたらす新しい2016年を迎える前に

2015年よりも 【もっと具体的な目標】を立てること!

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

「2015年をこのままで終わりたくない」と感じる12月になり、1年が経とうとしています。
みなさんは事業にどれぐらいの変化を感じているでしょうか?

サマンサハートはぐっと大きな変化が起こり、「このままで終われない!」という想いから
ビジネスプラン、今の事業に大きな変化を見せることが出来ました。
「このままでは終われない、もっと明らかにしたい」
いろいろな事業のサポートをさせていただいて、
・がんばったけれど、思ったように事業の変化が起こっていない
・目標の壁にぶつかっている、くすぶっている
・もっともっとスタッフができると思うのにうまく動いていない
・手帳術は教えてもらったが、忙しくてタイムマネジメントができない
それぞれの問題があり、私も昨年は同じ様子でした。

課題としてとらえ、乗り越えると成長になるんだな、と感じています。
もしも、目の前にあるビジネスプラン、今の事業を進めていかなければ
事業全体の構造にフックが掛かっています。
そのフックを取り外さない限り、変わらないまま、ただ時間だけが過ぎていきます。
そのフックは取り外すことが可能です。

大事なことは、
変化をもたらす新しい2016年を迎える前に
2015年よりも【もっと具体的な目標】を立てること!って思っています。

2015年よりも 【もっと具体的な目標】を立てること!

昨年の引き続きという形で!とか
今までのことに変化を加えるだけで!とか
はっきりしなかったり、出来るといいな的希望を目標にしていると、
フックを自ら取り外すことはありません。
【もっと具体的な目標】とはビジネスプラン、今の事業の軸に
しっかりと基づいている目標です。
それは、ある一定の時間を取って書き出し、全員で確認することのできる
具体的につながっている目標を立てるものです。
この書き出しにより、多くの方が今からでも変わることができます。
フックを外すための書き出し、そしてビジネスプラン、今の事業の軸に基づいた
2016年度の具体的な目標を立てる講座を開催しています。
ぜひ、2015年をこのままで終わせず、【もっと具体的な目標】を立て
2016年をとびっきりにしていきましょう。

関連記事

  1. 謹賀新年

    マーケティングの活用ができたと実感できる提案を

  2. 現実可能かどうかはさておき集客する売る顧客に知らせるにはどんな方法があるのかをたくさんリストアップ

    かしこい人のマーケティングを取り入れるタイミング

  3. さらにマーケティングへの思いが深まり金沢へ

  4. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  5. 企業が顧客を獲得する際に体験してもらう工場見学会を動画にしていく

    オンライン展示会で使える動画はこれだ

  6. BtoB企業がこれから重視するメッセージ戦略のベースとなるデータ

    アンケート調査をする時の5つの要素

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ