クライアントさんのお声から読み取れる2016年からの情報発信のスタイル

クライアントさんのお声から読み取れる2016年からの情報発信のスタイル 2015年のクリスマスシーズンがやってきました。 今年のキャンペーンも歳末大売り出しなど、お客様への感謝を込めたキャンペーンや特集が組まれる時期です。せっかくですから、思い切りマーケティングを実践してお客様とのコミュニケーションを計りましょう。 ところが、マーケティングというと二の足を踏む店舗さんや会社さんが多いのも事実です。ぜひ、これからのマーケティングを理解していただき、成果に繋げてもらいたいです!! 店舗さんや会社さんが持っているマーケティングに対するイメージは「難しい」、「別に関係ない」、「以前勉強した」、「大企業のもの」、「お金がかかりそう」・・・等。以前のマーケティングは基礎をお勉強する時代でしたから、マーケティングを知っていることが大切でお勉強だからとても面倒なことでした。振り返れば、まだまだ社内でまたお客様とのコミュニケーションで活用する段階ではなかったようです。 しかし、いろいろと動いていくと、経費を抑えつつ客単価アップができないか、集客できないか、一人で販売促進の活動をしている店舗さんや会社さんならそう考えるはずです。 現在サマンサハートでは、3つのHPと3つのfacebookページ、3つのブログと2つのアプリ、その他にクライアントさんのWEB広報のお手伝いも含めて動かしていますが、今、まさにこのような時代になったのだと改めて感じています。   1.広報・集客活動を自然な形でできる 2.お客様の集まるキャンペーンやイベントがスタッフ全員で開催できる 3.お客様とのコミュニケーションが継続的にとれる   店舗さんや会社さんの情報発信の手段がこのようにたくさんあると お金だけではなく時間管理の視点も含め、経費を押さえつつ、客単価アップができないか、集客できないかと考えるのは当たり前です。 また、「スタッフがいつもの仕事をこなしながら情報発信も動かしてくれるとうまくビジネスが動いていくのだろうな」と感じている事も、たくさんのご相談から理解しております。 2014~2015年のクライアントさんからのご相談やお話をまとめると・・・ このような集客や客単価アップのための情報発信のスタイルを求めている事が見えてきました。 そして最近は、WEBを含めた販売促進の活動は大勢のお客様に平均的に
お知らせするものではなく個々のお客様とダイレクトに出会う為のツールとなってきています。必要なのはWEBを含めた情報発信は、個々のお客様とダイレクトに出会う個客戦略をもとに、マーケティング活動をオートメーション(当たり前のようにできる)化するシステムを持つ事なのです。   サマンサ通信               最近クライアントさんから求められるのが、情報発信を含めたマーケティングのシステムをつくる事。 マーケティングオートメーションはクライアントさんが求めている重要な活動のひとつでもあります。]]>

関連記事

  1. リターンまでの戦略を立てる

  2. 残念ながら、集客できるとは言えないイベント

  3. HPをオープンした後の集客方法を教えてください 【youtube】

  4. イベント内で集客できるステージの作り方について

  5. 取材されることは広報活動でありビジネス効率化

  6. 自社の技術の魅力を製品として扱っているか

月別アーカイブ