『マーケティング的営業カバンの中身とは(2/3)』BtoBマーケティングの実践ブログ

昨日のブログの続き)

■営業マン1年目の新人時代に、教えてもらえないことが多い

市内で見たカバンの薄い営業マンらしき男性は、
本当に営業マンだったのか、本当にこれから商談をしに行くのか、
全て妄想です。

ただ、仮にその男性が皆さんだったら、
そして、皆さんがBtoB営業をしている担当者でこれから商談に行くなら・・・
カバンの中に何を入れていきますか?

携帯? → スーツのズボンポケットに入っている
ペン? → スーツの胸ポケットにささっている
手帳? → スーツの内ポケットに入っている

では、カバンには何が入るのでしょうか?

営業担当になった1年目の時、
先輩営業担当者の方から
「営業に行く時の持ち物は・・・」
などと教えてもらうことは、かなり稀なケースだと思います。
実は私も前職で営業担当になった時、
そんなことを教えてもらうことはありませんでした。

「他の人(特に売れている営業担当者)はどうしているんだろう?」

2年目位から気になってくることですね。

カバンの中身、営業に行く時の持ち物も、
マーケティング視点をもって考えれば、適切かつ営業に役立つ中身になります!
具体的に何を入れると良いのでしょうか。

 

関連記事

  1. 「本音で語り合う」ことが 徹底的に尊重されている会議が大事

    販促を強くする女性社員が中心のミーティングを考える

  2. 自社の技術の魅力を製品として扱っているか

  3. 補助金に関する【無料相談会】のご案内

  4. 社員向けマーケティング勉強会を毎月開催する

    女性社員にマーケティングの学びは必要なのか

  5. WEB関係についてご相談される今日この頃に感じること

  6. 時代が求める人材に育てる

月別アーカイブ