『マーケティング的営業カバンの中身とは(2/3)』BtoBマーケティングの実践ブログ

昨日のブログの続き)

■営業マン1年目の新人時代に、教えてもらえないことが多い

市内で見たカバンの薄い営業マンらしき男性は、
本当に営業マンだったのか、本当にこれから商談をしに行くのか、
全て妄想です。

ただ、仮にその男性が皆さんだったら、
そして、皆さんがBtoB営業をしている担当者でこれから商談に行くなら・・・
カバンの中に何を入れていきますか?

携帯? → スーツのズボンポケットに入っている
ペン? → スーツの胸ポケットにささっている
手帳? → スーツの内ポケットに入っている

では、カバンには何が入るのでしょうか?

営業担当になった1年目の時、
先輩営業担当者の方から
「営業に行く時の持ち物は・・・」
などと教えてもらうことは、かなり稀なケースだと思います。
実は私も前職で営業担当になった時、
そんなことを教えてもらうことはありませんでした。

「他の人(特に売れている営業担当者)はどうしているんだろう?」

2年目位から気になってくることですね。

カバンの中身、営業に行く時の持ち物も、
マーケティング視点をもって考えれば、適切かつ営業に役立つ中身になります!
具体的に何を入れると良いのでしょうか。

 

関連記事

  1. 集客を成功させる時自社の1年間の集客全体像を理解する

    売上アップと集客のスケジュールはA4、1枚で!

  2. 企業が「女性が仕事に向き合うこと」について具体的に力を入れ始めている

    「女性が働く」に関して好環境だと思うこと

  3. 私たちが会議で大事にしていること②

  4. 事業そのものに成長の道が一つ存在している

    変化に対応できる強い企業の姿

  5. マニュアル(=売れる仕組み)で成功した社長がいる

    そこには「やる気」がある

  6. 製品ではなく企業自体のコンセプトを打ち出すことも可能

    スピードの時代、すぐにマーケテイング活動をスタートしたい企業様へ

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ