本当のブランド戦略で必要なチェックはこの2つだけ!!

ブランディングプロジェクトでは企業とお客様との関係作りにまっすぐに取り組む必要がある

取引銀行から、最近のBtoBにはブランドが重要との理由で
「パンフレットを持ってくるように」と言われました。

ブランドって本当に大切なこと!

そこで!! 本当のブランド戦略でたった2つだけの必要なチェックをご紹介!!

 

チェック1. HPと連動しているか?

今までのブランド化、ブランディングプロジェクトはキーワードなどを掲げることが
中心でした。テーマだけあっても、実践できないと意味がないと企業が気付き始めたのです。
ブランドのキーワードを持つことは確かに大切なコトで、HPへの求心力に影響していきます。

さらに最近では、ブランドキーワードからブランドイメージへ、
そのブランドイメージは目に見えるロゴとなり、広告媒体へ連動しているコトが大切となりました。

例えば、自社ブランドについて価値をHPブログで語ることができ、
商品パッケージやサービスパンフレットなどでロゴを見て、
「お客様がつながっている」と見てわかるものになっていきます。

ブランディングプロジェクトでは企業とお客様との関係作りにまっすぐに取り組む必要がある

チェック2. 自社でできる営業戦略へとつながっているか?

ロゴマークを作りブランドのキーワードを発表している会社は、弊社のクライアント様では約30%でした。
そのなかでもしっかりとロゴマークとブランドがつながり、
戦略的に営業をしているクライアント様はその半数でした。

本当は売上につながることをあきらめていませんか?

ブランディングプロジェクトをするなら、ロゴやキーワードを掲げることで落ち着くことなく
戦略まで構築して実践へつながて成果を高めましょう。
2つのチェックはぜひクリアしていきましょうね。

******************************************************

一言で、「ブランディング構築をします」と言っても、すぐにできあがることではありません。
ブランディングプロジェクトでは、企業とお客様との関係作りにまっすぐに取り組む必要があります。
みなさんもマーケティングを活用して、
無駄のないリサーチ活動とブランディングプロジェクトで事業を拡大させてください。
ブランドのご相談もいつでもどうぞお電話下さい。

******************************************************

「ブランド」まとめ記事

ブランドマーケティングについて

「ブランディング」、「ブランド」とは・・・

もっと「ブランド」まとめ記事はこちらから

サマンサハートお問い合わせ電話メール

 

 

関連記事

  1. 本来の競合調査とは競合の”弱み”の情報を見つけるのに時間を使う

    急がれる戦略立案、間違った情報の使い方から起こる実践ミスを防ぎたい

  2. 獲得したいターゲットに合わせたマーケティング戦略があるからできること

    今だからこそ展示会マーケティングで企業内にイノベーションを

  3. マーケティングを会社機能として持つことで、集客できるイベントの魅力

  4. 補助金は売上の上がる事業計画をつくるチャンスと捉える

  5. 「自社はどういうことをしているのか」を売れる仕組みにしていく

    マーケティングを○○として使う

  6. 見やすさや声のかけやすさを向上させるブースの配置や方法

    立ち寄って話したくなるブースとは何か、考えてみよう

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ