展示会出展で2倍の効果を狙う裏ワザ

効果を狙うポイントとして重要な要素は「お客様づくりの展示会企画立案」

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

展示会出展についてご相談をお聞きしている時に、
「はっ!これは気合を入れなければ。」と思う瞬間があります。
出展の理由が商品やサービスの紹介のためばかりではなく、大きな効果を必要とする場合です。

その大きな効果とは、まったく新しいマーケット拡大のことです。
商品自体は一般のお客様に購入いただく商品だったとしても、事業を拡大させていく中で、
全て一般の生活者に直接販売するチャネル(=商品をお渡しする筋道)でけでは
間に合わないことも出てきます。

すると中間に代理店、卸売業者、フランチャイズなどが必要となってきます。
もちろん自社の店舗や支店をベースとしていることがほとんどです。
本来展示会出展は、新しいチャネル、また新しいマーケット拡大が
目的である場合が多くなってきていて、最近のクライアント様の目的として目立ってきました。

展示会に大切なポイントは2つ

展示会の出展に際して当社からお伝えしている大切なポイントが2つあります。
1、ターゲット
2、コンセプト
です。

このターゲット&コンセプトの話をする前に展示会の要素についてお話しさせてください。
展示会の要素は6つ
・お客様づくりの展示会企画立案
・事前にクチコミを発生させる広報活動
・当日の接客とクロージングまでの営業ノウハウ
・来場者に合わせたコピーの作り方とチラシなどのツール
・来場者のためのPOP、陳列など店頭演出
・リピートを創れるアフターフォロー
です。

2倍の効果を狙うポイントとして重要な要素は「お客様づくりの展示会企画立案」の部分です。
企画立案とターゲット&コンセプトには深い関係があります。
お客様づくりの展示会企画立案の際、
ターゲット&コンセプトが明確であると集客が可能になってくるからです。
どれも初段階で行う活動となります。

展示会出展で2倍の効果を狙う裏ワザとはお客様づくりの展示会企画立案の際のターゲット&コンセプト、
特にターゲットをもうひとつ立てることを指しています。

効果を狙うポイントとして重要な要素は「お客様づくりの展示会企画立案」

お客様づくりについて、視点を変える

ではターゲットをもうひとつ立てることとはどのようなことなのでしょうか?

企業の出展は、BtoBtoCの場合が多いのが特徴です。
さらに最近は新しい販路を開拓する企業は増えてきていて、
代理店、卸売業者、フランチャイズなどのチャネルを考えています。
当社にお問い合わせいただくのはほとんどが新しい販路の開拓です。
みなさんも良く考えてみると、現在のお客様とは全く違う販路を
考えることがあるのではないでしょうか?
ですが、意外と「お客様」という一つのくくりにしてしまい、
新たなターゲットとして明確にしていないことがあるので確認が必要です。

展示会出展で2倍の効果を狙うなら

企画立案の時点でターゲット&コンセプトを見直し、
お客様づくりについて、視点を変えることによって、2倍の効果を狙うチャンスはどんどんと増えてきます。
ポイントは明確に分けてしまうことです。
もしかしたら、一つの展示会で、出展企画書は2枚になるかもしれません!!
そのくらい大きな要素を持っているのがターゲット&コンセプトです。
例えば、「代理店獲得の営業として展示会を活用できるか」という視点です。
北海道や大阪の展示会などでは、コンセプトから考えられる新しいターゲットのリストを
その地域から作成することも必要となってきます。

展示会に出展する本来の目的と新しい販路の開拓という二つの目的を
持つことで、2倍の効果を狙っていく戦略です。
はじめての展示会出展の場合には、お勧めしませんが、
代理店やフランチャイズなどを事業展開に盛り込んでいる方は次回の出展以降に活用できると考え、
企画の中に明確に盛り込んでおくことをお勧めします。

お客様づくりが目的だからこそ、
イベント企画立案(イベント立案)をしっかり組み立てる必要があります。

********************************************

「イベント 展示会」まとめ記事

わかりやすいコンテンツはイベント戦略の武器に

ビッグサイトの展示会サポートに行ってきました

もっと、「イベント 展示会」まとめ記事はこちら

*******************************************

▼マーケティングの「?」を解決!▼

サマンサハートお客様からよくいただくご質問を掲載しています。

 

"</p

関連記事

  1. 自分たちで企画しないと 顧客の成長がない

    商品が売れ続ける仕組みをリードできる人とは

  2. 目の前にある製品と企画が連動して、イメージができるもの

    わかりやすいコンテンツはイベント戦略の武器に

  3. 女性心理を理解すると女性を楽に集めることができる

    なぜ、女性客が動かされるのか?

  4. 自社のやり方を改造することは、すなわち自社をブランド化すること

    成果が出るまでのスピードを社内改造する

  5. ちいさな「なぜ」をたくさん書き出すことができるかにかかっています

    戦略立案時のテクニックは「〇〇への問いかけ」が重要

  6. 新しい戦略を立てている企業は、ぜひマーケティングがしっかり組み込まれた戦略を中心に実践を行っていくこととなる

    今のまま進むとなると戦略を立てるのが難しくなる

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ