展示会出展で2倍の効果を狙う裏ワザ

展示会に大切なポイントは2つ 展示会の出展に際して当社からお伝えしている大切なポイントが 2つあります。 ターゲット&コンセプトです。 ターゲット&コンセプトを決定する前に 展示会の要素についてお話しさせてください。 展示会の要素は6つ ・お客様づくりの展示会企画立案 ・事前にクチコミを発生させる広報活動 ・当日の接客とクロージングまでの営業ノウハウ ・来場者に合わせたコピーの作り方とチラシなどのツール ・来場者のためのPOP、陳列など店頭演出 ・リピートを創れるアフターフォロー です。 2倍の効果を狙うポイントとして重要な要素は 「お客様づくりの展示会企画立案」の部分です。 企画立案とターゲット&コンセプトには深い関係があります。 お客様づくりの展示会企画立案の際、 ターゲット&コンセプトが明確であると集客が可能になってくるからです。 どれも初段階で行うことです。 展示会出展 展示会出展で2倍の効果を狙う裏ワザとは お客様づくりの展示会企画立案の際のターゲット&コンセプト、 特にターゲットをもうひとつ立てることを指しています。 お客様づくりについて、視点を変える ではターゲットをもうひとつ立てることとはどのようなことなのでしょうか? 企業の出展は、BtoBtoCの場合が多いのが特徴です。 さらに最近は新しい販路を開拓する企業は増えてきていて、 代理店、卸売業者、フランチャイズなどのチャネルを考えています。 当社にお問い合わせいただくのはほとんどが新しい販路の開拓です。 みなさんも良く考えてみると、 現在のお客様とは全く違う販路を考えることがあるのではないでしょうか? ですが、意外と「お客様」という一つの;くくりにしてしまい、 新たなターゲットとして明確にしていないことがあるので 確認が必要です。 展示会出展で2倍の効果を狙うなら 企画立案の時点でターゲット&コンセプトを見直し、 お客様づくりについて、視点を変えることによって、 2倍の効果を狙うチャンスはどんどんと増えてきます。 ポイントは明確に分けてしまうことです。 もしかしたら、一つの展示会で、出展企画書は2枚になるかもしれません!! そのくらい大きな要素を持っているのがターゲット&コンセプトです。 例えば、「代理店獲得の営業として展示会を活用できるか」という視点です。 北海道や大阪の展示会などでは、 コンセプトから考えられる新しいターゲットのリストを その地域から作成することも必要となってきます。 展示会に出展する本来の目的と新しい販路の開拓という二つの目的を 持つことで、2倍の効果を狙っていく戦略です。 はじめての展示会出展の場合には、お勧めしませんが、 代理店やフランチャイズなどを事業展開に盛り込んでいる方は 次回の出展以降に活用できると考え、 企画の中に明確に盛り込んでおくことをお勧めします。 お客様づくりが目的だからこそ、 イベント企画立案(イベント立案)をしっかり組み立てる必要があります。 http://www.samanthaheart.com/3623-2/3631-2/]]>

関連記事

  1. イベントを通じて、 自社のプレゼンを身につける 作戦なら取組みやスタートが しやすい

    イベントを開催すると企業とお客様のココロに残る

  2. 営業段階をセットアップした個客戦略を徹底して売上つなげる時代

    営業を変える!効果的な展示会の活用法3つのpointとは?

  3. マーケティングを会社機能として持つことで、集客できるイベントの魅力

  4. 企業の自主開催のイベントにはお知らせDMが重要!【youtube】

  5. BtoB企業様の中にマーケティングに本気で取り組む企業が急速に増えている

    〇〇マーケティングに特化して取り組む企業のワナ

  6. イベント開催においてチラシができたら次にやること

月別アーカイブ