新元号に関すること-マーケティングの視点から-

1、令和の文字に注目 経営者や社員さんの名前に入っている 社名やサービスに繋がりがある 読み仮名が、社名や製品、サービスに繋がりがある など、有りましたら、 それにまつわる「ストーリー」を追記して自社ブログにアップできます。 SNSなどで拡散も広報として考えられます。 2、新しいに関する事項を確認 和暦に関する自社の事項、取り組み、スタンスを確認。 令和に関する社内イベントを行うかどうか 令和に関する自社の発信をどのようにするか 令和に関する外部発信をどのように広報していくのか 3、5月からの動きを考える 世の中の動きが変わるのはこれから、情報収集分析。 自社の売上やWEBの分析データの動きを見る。 ブームは約3ヶ月でスタイルが変わると思っていますので、変化をみる。 企業様にとっては当たり前の視点ですが、 改めて数か月間、追っていきたいです。 そしてマーケティングとして、企業様にとって自社や自社サービス、製品が どのように自社内でコラボできるか、仕組みとつながっていくのか 考えていきたいと思います。   ************************************************** ※マーケティング実践会、4/17の開催です。 『集客・顧客増のためのイベントマーケティング』セミナー **************************************************   http://www.samanthaheart.com/service/ureru-marketing/   ]]>

関連記事

  1. 選ばれる製品を購入する買い手がどのように考えているかを知る

    その製品はだれに届けると喜ばれるのかを知っているか

  2. お客様が価値と判断するのは

  3. 企業の戦力強化には次世代リーダーを

  4. 提案営業が楽しみになる!スタッフが動く売れる仕組み

  5. ブログの書き方…伝えるから伝わるに変わった

  6. 金融機関を説得する資料の作り方セミナー<4/23>

月別アーカイブ