新元号に関すること-マーケティングの視点から-

1、令和の文字に注目 経営者や社員さんの名前に入っている 社名やサービスに繋がりがある 読み仮名が、社名や製品、サービスに繋がりがある など、有りましたら、 それにまつわる「ストーリー」を追記して自社ブログにアップできます。 SNSなどで拡散も広報として考えられます。 2、新しいに関する事項を確認 和暦に関する自社の事項、取り組み、スタンスを確認。 令和に関する社内イベントを行うかどうか 令和に関する自社の発信をどのようにするか 令和に関する外部発信をどのように広報していくのか 3、5月からの動きを考える 世の中の動きが変わるのはこれから、情報収集分析。 自社の売上やWEBの分析データの動きを見る。 ブームは約3ヶ月でスタイルが変わると思っていますので、変化をみる。 企業様にとっては当たり前の視点ですが、 改めて数か月間、追っていきたいです。 そしてマーケティングとして、企業様にとって自社や自社サービス、製品が どのように自社内でコラボできるか、仕組みとつながっていくのか 考えていきたいと思います。   ************************************************** ※マーケティング実践会、4/17の開催です。 『集客・顧客増のためのイベントマーケティング』セミナー **************************************************   http://www.samanthaheart.com/service/ureru-marketing/   ]]>

関連記事

  1. スピードと柔軟性を保ちながらビジネスを変革していくことができる戦略とプ…

  2. 提案ができれば下請けではない商売ができるため企業にとっては仕組みをつくりたい

    提案営業に移行したいと検討中の企業がまず確認すること

  3. 「なるほど!」はリピーターを増やす

    コンテンツとマーケティングが連動している件

  4. マーケティングは社員全員で行いたいそう考える企業も多い

    「マーケティングの相談をしてから社員が変わった」という話

  5. 「そうか!新サービスがスタートしたのか!どれどれ・・・・」となる

    反応率を上げるメルマガ文章のポイント

  6. 社内のオンライン化は自分たちが続けやすいことがポイント

    オンラインの社内活動の状況について

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ