業種を超えた強い味方!リサーチを活用する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

リサーチは企業にとって重要です。

それは、一般的な情報も特化したデータも整理分析しているコンサルさんの話しを聞いても
その傾向はあると感じています。

当社は燕市にあるので、県外のコンサル仲間からは
とてもうらやましがられるところからもそれが分かります。

理由は燕三条という大きなマーケットで仕事をしているから。
特に県外からの一般的な情報をリサーチした結果では
燕三条という市場はまだまだ広く発展すると見てもらっています。
実は私もすごく思っています!!

ですが、地元の企業の中には、リサーチをそして分析を
自分の会社に活かす事ができていない企業もあります。
活かし方が分からない、といった感じでしょうか。
そして当社のほとんどは地元のクライアント。
都会と地方では顧客数やマーケットに絶対数限界があると企業が思っています。

これからはそのような市場の中で、
1社1社でマーケティングプランが必要だと感じています。

特にリサーチには、企業心理や顧客心理にある一定の傾向があります。

その傾向とは、地元はお昼を食べに行くとしても「どこに行こうか」と
スマホで検索するよりも、地元のラーメン店を思い浮かべて
思いついた店舗のどこかに決定することが多いのです。
燕三条にラーメン店が多いということもありますが・・・
必要な情報を集める時、今までの情報で何とかなる、というかんじでしょうか。
それは燕三条の企業様が共存できた理由でもあると私は思っています。

事業に当てはめた場合、商品企画が立ち上がった時に、
「これを手伝ってくれる会社は・・・」と地元の企業を思い浮かべ、
関連性の高い企業との連携で仕事を進めることができます。
気になるのはこの時点で、リサーチは固定されている点です。

固定されていると言っても、ネガティブな感じではなく、
双方の協力を元に企画が商品となり、出来上がっていくのが特徴です。

例えば、そこに新しいアイデアが入り、
双方の協力に向上できる変化が起こせたら、もっと商品がブラッシュアップできます。
そのアイデアが、リサーチデータが元になります。
そのリサーチによって、戦略立案もスムーズに行えます。
地元&地方ならではの戦い方が見えてきます。

関連記事

  1. コミュニケーションとマーケティングには深い結びつき

    マーケティングWEBを活用できる社員が増える

  2. 「本音で語り合う」ことが 徹底的に尊重されている会議が大事

    販促を強くする女性社員が中心のミーティングを考える

  3. 強みにマーケティングをプラスすることができると大きく生産性や情報発信力がアップされてくる

    マーケティング視点を代表だけではなく社員さんにも持ってもらうワケ

  4. 時代が求める人材に育てる

  5. 事業企画から始まる集客成功への準備

  6. 戦略を立てるという考えがあることで意識の変化が生まれていまきす

    マーケティングを社内に導入する利点

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ