業種を超えた強い味方!リサーチを活用する

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

リサーチは企業にとって重要です。

それは、一般的な情報も特化したデータも整理分析しているコンサルさんの話しを聞いても
その傾向はあると感じています。

当社は燕市にあるので、県外のコンサル仲間からは
とてもうらやましがられるところからもそれが分かります。

理由は燕三条という大きなマーケットで仕事をしているから。
特に県外からの一般的な情報をリサーチした結果では
燕三条という市場はまだまだ広く発展すると見てもらっています。
実は私もすごく思っています!!

ですが、地元の企業の中には、リサーチをそして分析を
自分の会社に活かす事ができていない企業もあります。
活かし方が分からない、といった感じでしょうか。
そして当社のほとんどは地元のクライアント。
都会と地方では顧客数やマーケットに絶対数限界があると企業が思っています。

これからはそのような市場の中で、
1社1社でマーケティングプランが必要だと感じています。

特にリサーチには、企業心理や顧客心理にある一定の傾向があります。

その傾向とは、地元はお昼を食べに行くとしても「どこに行こうか」と
スマホで検索するよりも、地元のラーメン店を思い浮かべて
思いついた店舗のどこかに決定することが多いのです。
燕三条にラーメン店が多いということもありますが・・・
必要な情報を集める時、今までの情報で何とかなる、というかんじでしょうか。
それは燕三条の企業様が共存できた理由でもあると私は思っています。

事業に当てはめた場合、商品企画が立ち上がった時に、
「これを手伝ってくれる会社は・・・」と地元の企業を思い浮かべ、
関連性の高い企業との連携で仕事を進めることができます。
気になるのはこの時点で、リサーチは固定されている点です。

固定されていると言っても、ネガティブな感じではなく、
双方の協力を元に企画が商品となり、出来上がっていくのが特徴です。

例えば、そこに新しいアイデアが入り、
双方の協力に向上できる変化が起こせたら、もっと商品がブラッシュアップできます。
そのアイデアが、リサーチデータが元になります。
そのリサーチによって、戦略立案もスムーズに行えます。
地元&地方ならではの戦い方が見えてきます。

関連記事

  1. メディアが「お!」と気にしてくれるコメント

    サイト充実のためのヒアリングから見える「顧客の声」の集め方

  2. マーケティング活動ができていると見込み客のほうから問い合わせなどの行動してくれる

    セールス依存からBtoB企業が抜け出るという提案書の活用方法

  3. リカバリーすると考えれば集客はこっちのもの

    BtoB企業が「相談しずらい」というマーケティングを満足に導く

  4. データからは、顧客が気付かない問題点を読み取ることができる

    事業拡大に伴う、データ収集とその分析

  5. イベント内で集客できるステージの作り方について

  6. 採用について求人募集をするだけしか活動していない企業は、もはや無い

    事業企画に盛り込むべき採用の戦略

セミナー案内

 

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ