技術を紹介するときのマーケティングの使い道

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

マーケティングは顧客からの共感を得る事ができる武器
だと思っています。
よく、魔法の杖と言う方もいますが、
私はやはり、共感を得るための武器って感じています。

共感が得られる武器だとするなら、
どんな風に武器を使うのかは、大事ですよね。
限られた時間で何を伝えるか、
自社の技術やサービス、商品をどのように紹介するのか、
を、マーケティングを武器として使うことで
共感まで持っていくことができるからです。

例えば、技術を紹介するだけでは物足りないですよね。
それは共感が生まれないから・・・
でも、マーケティングなら、自社を中心に
本当に魅力を感じているところを語ることで共感は生まれてきます。
例えば、製造業の技術を紹介するとしたら、
専門用語を使って解説するよりは、
技術が世の中で使われていく基本的な生活のなかでの役割を紹介します。

『技術はこんな製品のこの部分で使われている。
それは、生活で〇〇のようなことが起こった時のために
保護のためとして強化している〇〇の技術を採用している。』
武器だから使い方は自由自在です。
そんな意味も含まれていて、マーケティングでは
WEBでも活用されているんだと思います。

もしも、問題が起こったら、対応する方法についても
WEBなら掲載することができます。
企業様のステキば部分を共感できるようにして行けます。
これって、マーケティングという武器を使うと
より伝えやすくなります。

マーケティングはリサーチと思われることがしばしばあります。
ですがリサーチ以外のマーケティングの使い道を知っていることで、
自社の技術を魅力的に語ることはできます。
マーケティングはいくつかの方法(武器の使い方)が含まれているためです。

その方法を知って、
自社の技術やサービス、商品をどのように紹介するのかを
決める事ができるのが マーケティングです。

先日もそんな話を新年会で話すチャンスがあり、
社会福祉士さんとそんなお話ができました。

 

■戦略に関するまとめ記事

 

関連記事

  1. スタッフを動かす力

  2. ブランドマネジメント

  3. 取材されることは広報活動でありビジネス効率化

  4. 形が決まっていないのがマーケティングプラン

  5. 世界一誇れる床が女性社員だけの自社の強み!

  6. 実践型プロジェクトを作りしっかり成果を出したい 

月別アーカイブ