インターンシップの集客

どうやったらインターンシップ生を受け入れている企業として認知されるか

こんにちは!
新潟の中小企業集客企画プロジェクトマーケティング、
サマンサハート高橋です。

企業サイトの求人ページ作成やリカバリーに力を入れている企業様が増えています。
今までですと、中小企業の求人ページは、就活サイト頼りなところがありました。

就活サイトとリンクさせる、

そのサイトと同じ構成を掲載している、

といったところ。
ハローワークの求人シートと同じような一覧表でのサイト掲載も多いように思います。

そんな中、最近では企業規模にこだわらず、
求人ページを工夫している企業が増えているのです。
そのページ構成は、中途採用と新卒採用ごとにの別ページで構成。
特に新卒採用ページに力を入れています。

新卒採用ページのターゲットは、インターンシップ生。
学生に自社を知ってもらう方法としてインターンシップの受け入れが
定着してきていることが理由のようです。

インターンシップページ構成を考える時のポイントは「集客」。
「どうやったら、インターシップを受け入れている企業として認知されるか」です。
新卒採用は時間とコストがかかります。
でも、インターンシップ生の受け入れは、中小企業が大企業に勝つ方法でもあります。
大手企業だからできるとか、中小企業だから時間がかかるとかではなく、
自社のこれからを構築していく重要な取り組みとして
考えている企業様が増えているんだと感じます。

インターンシップの集客は「エントリーしてもらうところから」。
エントリー はインターンシップ生から。
相手からの行動が集客につながる。
と考えると、自社の良さ、強みを自社サイト求人ページで
どれだけに魅力的に伝えるかが大切となってきます。
それは、学生と中小企業様が出会うチャンスなんですよね。

 


最近はリモート面接も増えてきました。
また、ハローワークへの求人募集を掲載するだけではなく、
自社サイトでの告知の方法を工夫している企業が増えています。
これからの企業の求人と採用を円滑に行い、欲しい人材を獲得できるように
求人マーケティングの軸と活動スケジュールディレクションを行っています。

サマンサハートお問い合わせ電話メール

関連記事

  1. 詳細な顧客心理データの獲得も考えている

    企業が獲得できる市場規模を拡大するために

  2. 改めて基礎を振り返った

    悩んだときこそ基礎の徹底

  3. 技術や製品やサービスなどを相手に伝えるためのコンテンツ

    BtoB企業のオンラインとオフラインのプロモーションにこだわりを

  4. 展示会でブースに立ち寄ってもらうにはブランドイメージがあること

    展示会に出展するだけなのに、なぜブランドイメージが必要なのか

  5. ビジネスを伸ばすのは結局のところ、自身やスタッフなどキーマンとなる人が勝負

    時代が求める人材に育てる

  6. マーケテイング活動をする全体の俯瞰が顧客拡大を行うポイント

    顧客心理段階に合わせた提案を企業が体系化できるかについて

参加受付中のセミナーのご案内

協力会社との関係構築

資料DownLoadまとめページ

月別アーカイブ